iPhone、iPadでおもしろいできること

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おもしろい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

【速報】iMac 新型 2017年で公開!発売日、スペックなど最新情報お揃い!

待ちに待ったApple iMac新型機種は2017年に!

2016年にApple発表会に現れなかったiMac 新型 2017年になる。リリースされたMac PCはMacbookシリーズだけで、iMac前回リリースされたのは2年前であった。今のRetinaスクリーンより今度は5Kディスプレイと言った噂で、画像処理機能などが大きく向上されたiMac(Early 2017)という機種は多くの人々に期待されている。でも今までiMac次期機種に関する噂の中に、iMac 新型 2017版で実現できるものもあれば、例え2017 AppleとしてもApple iMac新型に搭載されない機能に関するものもある。ではこれからiMac(Early 2017)の最新情報を揃って示してあげよう。

iMac次期機種の公開日と発売日をまず確認

iMac 新型 2017版は元々2016年に公開する予定であったが、2016で公開されなかった。なにゆえと言えばApple iMac新型に搭載するIntelの次期Coreプロセッサの「Kaby Lake」が発売されていなかったからである。今その「Kaby Lake」が2016年12月末から2017年1月までに発売されるので、iMac(Early 2017)はその二ヶ月後で、つまり2017 Apple春発表会で公開される。iMac次期機種の発売日は前のように、発表から一週間で発売すると予測されている。順調にいけば3月からiMac 新型 2017機種を利用できるが、なにかあったら2017年前半に公開されるそうである。これで遅くても2017年前半で発売と期待できる。

iMac 新型 2017機種に関する情報:実現できそうな部分

5Kディスプレイ

Apple iMac新型にRetinaディスプレイ以上の5Kディスプレイを搭載するとはほぼに確認された情報である。そのために画像関するスペックがより一層向上されるそうである。また、iMac(Early 2017)はスクリーンが前より大きくならないが解像度が5Kになるということは、画面がよりシャープになることである。デザイナーのようなお方にとってお仕事はもっと役に立つと期待できる。

「Kaby Lake」という新しいCPU

iMac次期リリースは2017年になるのは、この「KabyLake」というCPUが2017年に発売されるからである。次世代のコアのおかげで、性能は大きく向上され、処理速度などは前代と一新な体験が与えてくれる。これでこのコアを待つために2017 Apple春発表会まで遅延されても文句ないであろう。

AMDGPU

5KディスプレイにふさわしいGPUが必要。最新なAMDGPUで、iMac 新型 2017年機種は前のどんな機種よりも画像処理機能が向上される。今も古い機種を使っている人、特にデザイナーたちにとって新しいGPUだけでApple iMac新型に機種変換する価値があると思われているが、今iMacを買おうとしているお方にiMac(Early 2017)まで待つほうがいい。今買ったらすぐ古い機種になるから。

iMac 新型 2017機種に関する情報:実現できなさそうな部分

VR搭載

スペックよりもブランドの力で攻めている今のAppleとして、必要のない機能や成熟していないものは製品に搭載しないと言われる。VR対応できるパソコンが次々と現れる今でもiMac次期機種にこの機能を搭載する可能性がない。成熟していないのでなにか問題があったらブランドに傷つけるという理由で、大手ブランドは慎重しているらしい。

Touch ID

iPhoneなどで搭載されるSiriの後にTouch IDもMac環境に入るという噂があるが、macOS Sierraの新機能としてApple Watchなどで自動的にロックを解除することでApple iMac新型にTouch IDはいらなくなる。また2017 AppleiMacにTouch IDをつけるとどこに置いても不便であろう。やはりApple Watchなどでロック解除というソリューションがより便利である。

値下がり

円高なので海外からiMac(Early 2017)を買うと値下がると予想されているが。iMac 新型 2017年春に発売されて、その時に円高かそうでないか今わからない。日本で注文すれば為替レートに問わずに価格は変わらない可能性もある。それに、Mac PCの価格はiPhoneシリーズのように安定ではない。新機種が発表されたばかりに旧機種が値上がることもあるので、iMac次期は値下がるとは今はっきりならないまま状態である。