読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

【簡単】iPodからiTunesに曲をコピーできる初心者向け方法ご紹介!

iPod Touchが確かにiOSの機能は大体利用できるが、でもiPodと言ったらやはり一番なのは音楽である。iPodからiTunesに曲をコピーしたりiTunesの曲をiPodにコピーしたりして、今大好きな音楽を身の元に持って、どこでもすぐ楽しめる。が、iPodに保存される曲は多過ぎるためメモリ領域は足りなかったり、急に紛失したりして、iPodからiTunesに音楽を入れてバックアップすることは、iPodを持っている人が誰でも必ずすることになる。iPodからiTunesへ音楽をバックアップしたら、今すぐ聴かない曲を消去して空きメモリを大きくすることが安心にでき、いつか急に紛失したらという心配もなくなる。

iPodからiTunesに曲をコピーできる方法

まずはiTunesをダウンロードして、インストールしてください。起動して、iPodMac パソコンに連携してください。最新バージョンでない場合にまず最新バージョンにアップしてください。

ステップ1iPodをパソコンに連携したらiTunes界面の左上にスマホのアイコンが書いているボタンがある。そのボタンをクリックしたら音楽といったiPod iTunes 転送できるライブラリリストがある。

ステップ2:左にあるライブラリリストの中に「ミュージック」をクリックして選択する。

ステップ3:「音楽を同期」のしたにいくつの設定があり、設定ができたら右下にある「適用」と書かれたボタンをクリックして、iPodからiTunesに音楽を入れる。

iTunes 音楽同期よりも簡単なツール:iPod iTunes 転送よりも自由で高速

iPodからiTunesに曲をコピーすることがとても簡単に見えるが、実に操作したら問題が多くある。「ミュージック」というカテゴリがなくなったり、iPodからiTunesに音楽を入れてもバックアップファイルが利用出来なかったりして、とても不便である。特に曲が多くなると、iPodからiTunesへ転送することは時間がずいぶんかかる。でもMacX MediaTransがあればすべてが違い。iPodからiTunesに曲をコピーする時に順調で、おかしい問題が起こったりはしない。操作も簡単で、見ればすぐわかる。初心者でもiPodからiTunesに音楽を入れることがすぐできる。また、iPod iTunes 転送より、このソフトで転送したい曲だけを転送でき、曲の情報なども簡単に編集できる。しかもiTunes 音楽同期より何倍のスピードで転送できる。

iPodからiTunesに音楽を入れるより便利なiPod音楽バックアップ方法ご紹介

まずはMacx MediaTransをダウンロードしてインストールする。起動して、iPodMacパソコンに連携してください。最新バージョンでない場合に、最新バージョンにアップしてください。

ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。

標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。

あわせて読みたい

iTunes 音楽同期できなくなる原因とそのソリューション>>

ステップ2:iPod iTunes 転送したい曲を選択する

音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:選択される音楽を転送する

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPodで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。出力は普通な音楽ファイルであるので、iTunesで簡単に開ける。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPodから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。