iPhone、iPadでおもしろいできること

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おもしろい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

2016最新バージョンmacOS Sierra不具合頻出!情報と対策を詳しく解説!

様々なmacOS Sierra問題でmacOS Sierraにアップすることにご慎重に

WWDCで新しいバージョンのMac PC専用システム、Mac OS X 10.12でなくてmacOS Sierraが公開された。待ちに待ったMac版Siriが利用でき、またApple PayなどiOS機能もMacに追加された。長い間に期待してきた機能が満載されるので、待つこともできずにmacOS Sierraにアップする人が多くいる。が、実に利用し始めたらmacOS Sierra不具合が発見する。ソフトを潰すようなきびしいmacOS 不具合もあり、時に不便になるmacOS Sierra問題もある。もちろん、一時にmacOS Sierra不具合にがまんしながら新機能を楽しむ場合もあれば、macOS SierraにアップしたらMac PCが全然利用できなくなるようなmacOS 不具合もある。macOS Sierra問題があったら三つの方法がある。システムをバージョンダウンする方法、macOS Sierra不具合を解決する方法、あるいは解決できずにがまんする方法。もちろん、macOS Sierraにアップした人は新機能を体験したくて、できればmacOS 不具合を解決してOS X 10.12を利用したい。ではmacOS Sierra問題、またその解決法があればご紹介してあげよう。

macOS Sierra不具合とその対策を詳しくご紹介してあげよう

Siriが日本語を正確に理解できない。

macOS Sierra不具合

具体状況:Siriが右上にあり、クリックしたら起動する。が、Siriに日本語で言うと正確に理解してくれない場合がよくある。昨日ダウンロードしたファイルを示すと言ったら昨日作成されたファイルをすべて表示してくれて、その中でダウンロードしたファイルを自らで探すことになった。英語で言うとこのmacOS 不具合がないけど、ほかの外国語で言うとその問題がある。たぶんSiriが今英語以外の言語を学んでいるかも知れない。
解決法:今このmacOS Sierra不具合の解決法がないそうで、だんだんなおるかと思う。Siriによくお話をすればはやく理解してくれるかも知れない。また、正式版になると解決される可能性もある。

iCloudスペースがあっという間になくなる。

macOS Sierra不具合

具体状況iCloudがいつも利用していないのに、macOS Sierraにアップしたら急にiCloudがスペース不足になった。整理したりファイルを消去したりしても、しばらく経つとまたスペース不足になってしまう。やはりこのmacOS Sierra問題があったらiCloudの有料ストリージを購入するしかないか。ほっといけばいいか。
解決法:実はこれがmacOS 不具合ではない。OS X 10.12新機能で、デスクトップをMac同士に共有可能になる。それはiCloudで共有するので、ディスクトップで保存されるファイルなどをすべて自動的にバックアップする。この機能を禁止すればmacOS Sierra不具合が解決。

Safari不具合:

macOS Sierra不具合

複数のファイルをダウンロードしたのに一つしかない。
具体状況:同じファイルをダウンロードする時に、違うサイトからダウンロードしても保存されたファイルは一つしかない。ファイル名が同じで保存されるファイルはどれかとわからない。実はこれがSafariの新機能で、自動的に間違ってダウンロードしたファイルを検出して消去する。が、ダウンロードもするので、何倍の時間で一つしかファイルをダウンロードすることになる可能性がある。
解決法macOS Sierra問題でないので解決法はない。何倍の時間をかかってダウンロードすることしないように、同じファイルを同時にダウンロードしないほうがオススメする。

リンクをクリックしても正確に表示してくれない。
具体状況Safariでサイトにあるリンクをクリックしたら反応がなかったり、リンク先がなかなか表示してくれなかったりすることがある。これでSafariがほぼ使えなくなる。例えばGoogleでなにか検索する時に検索結果をクリックしても開けないと、何も見つからないと同じであろう。
解決法OS X 10.12ベタ版はこのmacOS 不具合解決できなさそうである。でもChromeなども利用でき、またこのmacOS Sierra問題がない。今Chromeなどを利用して、正式版が公開されたらなおすかも知れない。

Wifi接続問題:

macOS Sierra不具合

Wifiに接続できない。
具体状況Wifiに接続できないお方はこの記事が見えない可能性があるが。特定なWifiが利用できなくなることもあり、どんなWifiでも検出も接続もできないこともある。macOS Sierraにアップしたらダウンロードしたいものが多くて、インターネットに接続できないとやはり迷惑であろう。
解決法:ネットワークケーブルが利用できない機種はMac OS X 10.11にバージョンダウンするしかない。利用できる機種も専用なネットワークケーブルが必要なので、対応なケーブルを買ってください。

認証必要なWifiに接続したら改めて認証を求めることがよくある。
具体状況:認証必要なWifiに接続しようとする時にパスワードの入力が求められる。一回で入力するとWifiに接続した。が、このmacOS Sierra不具合があったら、Wifiに接続したとしてもパスワード入力しなければならない。何分間ごとに一回入力するので、かなり迷惑であろう。たぶんWifiの接続に問題があって、何分間経ったら切ってしまう。認証いらないWifiなら再び自動的に接続するので、認証必要なWifiならパスワードを入力する。
解決法Wifi接続の問題であるのでネットワークケーブルを利用すればmacOS 不具合解決できる。ネットワークケーブルが対応できない機種はやはりバージョンダウンするしかない。

入力問題:

macOS Sierra不具合

英語しか入力できない。
具体状況:設定が正しいのに英語しか入力できない。日本語だけでなく、中国語、韓国語など、英語字が利用しない言語はすべて入力できない。入力法がインストール出来なかったり、転換出来なかったりして、また日本語入力法でも英語しか入力していないこともある。パソコンを再起動したらこのmacOS Sierra問題がなおる時があるが、しばらくしようすればまた英語しか入力できなくなる。
解決法:第三方の入力法を利用すればこの問題がないという噂がある。でもすべての第三方入力法が利用できるとは言えない。いつも信頼できる出力法を利用する法がいい。また、今macOS Sierra不具合に影響を受ける入力法は最新バージョンにアップしたら順調に動作できる可能性も高い。

入力している文字が見えない。
具体状況:まずほかのところで普通に入力できるが、パスワードを入力する時に入力している文字がよく見えない。桁も見えないから入力しているかないかわからない。特にソフトで登録する時によくあるmacOS 不具合であるため、登録必要なソフトを利用することがずいぶんめんどいになる。
解決法:ほかのところにクリックして、入力枠にクリックして入力すれば見えるようになる時がある。またソフトを再起動すれば見えるようになることもある。一気に入力して登録することもできる。入力している文字が見えないが確かに入力したんであるから。

大文字入力モードに転換できない。
具体状況:英語に入力する時に自動的に大文字に転換する以外に大文字を入力しようと転換できないというmacOS Sierra問題である。でもほかのmacOS Sierra不具合がないと日本語を入力する時に片仮名の入力が順調にできる。しいに「.」を入力して大文字を入力したらもちろん成功することもあり、でも単語にならないから失敗することもある。
解決法:大文字を入力できる第三方入力法を利用すればいい。また、日本語入力できないから第三方入力法を利用するお方は日本語入力法をローマ字モードに転換して入力して解決できるかもしれない。

iMessageのアプリはiPhoneと同期できない。

macOS Sierra不具合

具体状況:同じApple IDを登録したらiPhoneでもらったiMessageもmacOS環境で見たり返事したりすることができる。が、macOS SierraにアップしたらiPhoneと同期できなくなることがある。iPhoneに新メールがあるがパソコンにない、あるいはパソコンだけもらってiPhoneに表示されていない。
解決法:今このmacOS 不具合が解決できない。Mac OS X 10.11にバージョンダウンするまではない。無視すればいい。iMessageはiPhoneに表示されるコンテンツを見ればいい。

コピペに関する新機能が利用できない。

macOS Sierra不具合

具体状況:今すぐmacOS Sierraにアップしたらすべての新機能が利用できるとは言えない。例えば、iPhoneでコピーしたものをmacOS Sierraベタ版にペーストすることはできない。これは正式版だけ利用できる新機能であり、今ベタ版なら理由わからないが利用できない。
解決法:心配ないで、正式版になったら順調にコピペできる。これだけでもMac OS X 10.11にバージョンダウンする必要がない。そもそもバージョンダウンしてもiPhoneでコピーしたコンテンツをMac PCでペーストできないから。

機体過熱。

macOS Sierra不具合

具体状況:すごいきびしいmacOS Sierra不具合である。macOS Sierraにアップする時に90℃以上になり、また過熱でシャットダウンしたので失敗してしまう報告もあるそうである。新システムがインストールしたばかりからだんだん冷えてくるが、普通にSafariを開けてウェブ動画を見るだけで65℃以上になってしまう。
解決法:ハードウェアに問題がない。OS X 10.12までほぼすべてのベタ版が過熱問題があるので、これだけがシステム発表されなくても予想できる。また、前と同じように、正式版にアップしたらなおると予想されている。