おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

~Mac OS ダウングレード方法~Macバージョン変更は自分で完成できる!

新システムにMacバージョン変更したらすぐ不具合がある

Mac OS ダウングレード

2016年WWDCで、アップルは新しいMacバージョンを公開すると予想されている。今回は目玉機能は向上されて、その中に最も期待されているのはSiriであろう。MacシステムでもSiriが利用できる日はいよいよくる。前のYosemiteでも利用できる音声入力などもSiriを利用する準備とされている。が、新機能が素晴らしいが、新バージョンにMacバージョン変更すると、特にアップグレード提供したばかりな時間で、必ず不具合が出てくる。この中にはシステムの不具合があり、ソフトが更新していないので互換性がないという不具合もある。もしMac OS El Capitan不具合のようなネット接続不安定といったきびしいことにあったらやはり一刻も待てずにMac OS ダウングレードしよう。実は機種によって、ユーザーは違いシステムの復元方法を選択することが多い。Macbook Airの場合に、機体が軽くて持ちやすいので、Mac OSバージョンダウンしたいと店に行って専門家に頼る。でもiMacの場合なら家でMacシステムダウンする。また、店でMac OS ダウングレードしてくれると、何日かで利用できないし、わざわざお店に行ってめんどくさいし、そしてお金がかなりかかることもある。とりあえずいろいろな理由で、自分でMac OSバージョンダウンする。では初心者一人でも操作できるシステムの復元方法をご紹介してあげよう。

Mac OS ダウングレードできる方法:バックアップがある場合ならTime Machine

Macシステムダウンする時もMacシステムアップする時も、とりあえずMacバージョン変更すれば必ずバックアップする。特にアップグレードして不具合でMac OSバージョンダウンしたいと、アップしたシステムでバックアップしたデータを、Mac OS ダウングレードしたシステムで利用できない。このゆえで、Macシステムをアップグレードする前にぜひバックアップしてください。バックアップがあればシステムにあるTime Machineというソフトを利用して直接に前のバージョンに回復するとは、一番簡単なシステムの復元方法である。ではこれからTime MachineでMac OS ダウングレードする方法をステップわけでご紹介してあげよう。このシステムの復元方法ならMacバージョン変更できる同時に、システムの修復もできるので、Macシステムがなにか問題があったらこの方法も役に立てる。

Tips:このシステムの復元方法でMacバージョン変更できるが、システムの修復もできる。

ステップ1:Time Machine バックアップディスクが接続されていて、電源が入っていることを確認してください。ディスクがネットワーク上にある場合は、お使いの Mac が同じネットワーク上にあることも確かめてください。

ステップ2Mac が再起動する。起動音が聞こえたら、Commandキーを押しながら R キーを押して、Apple ロゴが表示されるまでキーを放さないでください。

ステップ3:「Time Machine バックアップから復元」を選択してから、「続ける」をクリックする。

ステップ4:次のいずれかを実行します:

  • 外付けのバックアップディスク:バックアップディスクを選択して、「続ける」をクリックします。
  • Time Capsule:メニューバーの右側にある「AirMac」メニューでネットワークを選択し、使用する Time Capsule を選択してから、「リモートディスクへ接続」をクリックしてください。
  • ネットワーク上のバックアップディスク:バックアップディスクを選択して、「リモートディスクへ接続」をクリックしてください。

ステップ5:必要に応じて、バックアップディスクへの接続に使用する名前とパスワードを入力してから、「接続」をクリックしてください。

ステップ6:復元したいバックアップの日付と時刻を選択し、画面に表示される指示に従います。

※2015年注目されているOS X 10.11エル・キャピタン最新情報特集:

Mac OS X El Capitan評判

OS X El Capitanアップグレード?

Handbrake El Capitan使えない

OS X10.11 vs Windows 10

Mac システムの復元方法:バックアップない場合ならディスクユーティリティ

バックアップがない人にとって、不具合でMac OS ダウングレードしたいがTime MachineでMacシステムダウンできない。システムは既にアップグレードした今は後悔しても無駄であり、これでMac OSバージョンダウンできないか?不具合を我慢しなければならないか?実はMacのもう一つのソフト、ディスクユーティリティもMacバージョン変更できる。でもこの方法なら個人データなどは回復できないので、バックアップがある時にTime Machineを利用するシステムの復元方法のほうが勧める。そして、Macシステムダウンする前にファイルをメモリースティックやインターネットなどでバックアップすることも強く勧める。

まずは用意しておくべきなもの:8GBのメモリースティックWIFI(もし連続はうまくできなかったら、あるいはMac App Storeが利用できなくなったら、別のデバイスでダウングレードして転送しても構わない。)準備ができたら、これからの手順を従ってMac OS ダウングレードできる。

ステップ1Mac App Storeから対応なシステムファイルをダウングレードする。例えばYosemiteまでMac OSバージョンダウンしたいと「OS X 10.10 Yosemite installer」をダウンロードしてください。またEl CapitanまでMacバージョン変更したいと「OS X 10.11 El Capitan installer」をダウンロードしてください。インストールせずに、ダウンロードしたファイルを「InstallOSXYosemite.app」にリネームしてください。

Mac OS ダウングレード

ステップ2:メモリスティックをMacに連続して、Disk Utilityを開ける。そして、左でそのメモリスティックを探して、「Erase」をクリックしてください。新しくでるウィンドウでフォーマットのところから「Mac OS Extended (Journaled)」を探して、「Erase」というボタンを押してください。これで前のシステムを消すことが出来上がり、これからYosemiteをインストールする。

Mac OS ダウングレード

ステップ3OS X Utilities selector で「Reinstall OS X」を選択して、「continue」をクリックしてください。これからは指示通り操作して、インストールを待ってください。

この方法でMac OS ダウングレードしたら目標バージョン前のバージョンに回復する可能性があるが、その場合になったら目標バージョンにアップすればいい。

Mac OSバージョンダウンせずに利用できるソフト:新機能と互換性を同時に

Macシステムがアップグレードすると、必ず不具合があるとともに、必ず発見した不具合を解決する。実は今のMac新バージョンシステムに最も厄介なものは、ソフト互換性の問題である。この時には新バージョンの新機能とソフトの機能の中に選択しなければならない。例えば自分が使っているDVDリッピングソフトが新バージョンで動作できないと、DVDをリッピングできなくなる。この時にDVDリッピングMac新バージョンの新機能を両立できない。DVDをリッピングしたいとMac OS ダウングレードしかない。でもよく更新して、新システムでも完壁に利用できるDVDリッピングフリーソフトを利用すれば両立できる。前にMacバージョン変更する時のことで、このようなDVDリッピングフリーソフトMacX DVD Ripper Mac Free Editionである。YosemiteもEl Capitanも、アップグレード提供し始まったらすぐ対応できる素晴らしいソフトである。DVDをリッピングするには高速高質で、CSSソニーARccOS、UOPs、RCE、APS、また最新の Disney コピープロテクトなどのDVDコピーガードが解除できるし、人気な動画ファイルに変換でき、出力プロファイルによって音声だけを出力することもできる。今回のMac新バージョンが公開した時もきっとMacシステムダウンしなくても完壁に対応できる。

無料版安全ダウンロード
正式版安全ダウンロード