おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

Mac DVD 焼く方法:ファイルからもDVDからもMacでDVDを焼ける!

MacでDVDを焼きたい?Mac OSにある原生ソフトでも実現できる!

Mac PCはDVDドライブが一つだけあるという原因で、ファイルからMac DVD 焼くことができるが、DVDからMacでDVDを増やすことが不可能になる。なぜならDVDからMacでDVDを焼く時には元DVDディスクと空DVDディスクを同時にパソコンに入れるので、ドライブ二つが必要なのである。DVD複製ぐらいのことで新しいPCを買うわけがないし。もちろんUSBドライブを買ったらすぐ解決できるが、実にMac OSにある原生ソフトでこの問題が解決できる。

Mac DVD 焼くソフトなら「iDVD」というソフトで、パソコンにある動画や写真などをMacでDVDを焼くことがこのソフトの主な機能である。Mac DVD 焼きましできるDVD複製ソフトなら「ディスクユーティリティ」というソフトである。要するにはまずMacでDVDを増やしたいディスクをパソコンに入れて、DVDファイルをISOイメージファイルに作成する。そして元ディスクを取り出して、空ディスクを入れる。このDVD複製ソフトで先作成したISOイメージファイルをMac DVD 焼く。これからこの二つのMacでDVDを焼けるソフトの詳しい利用方法をご紹介しよう。

普通ファイルからMac DVD 焼く:iDVDならできる

Mac DVD 焼く

iDVDMac iLifeシリーズソフトの専門的なDVD 焼くソフトであるで、素人でも簡単に素晴らしいDVDを作ることができる。動画ファイルからMacでDVDを焼けるだけでなく、写真をスライドショーに作って、DVDディスクに取り込むこともできる。コンテンツの再生順が設定でき、スライドショーにはBGMや写真から写真へとの転換方式も設定できる。初心者とってもこのDVD複製ソフトはとても簡単で、使いやすいのである。

ステップ1:新規プロジェクトを作成する。

まずiDVDを起動する。「新規プロジェクトを作成」を選択する。新しく出たウィンドウに名前を入力し、場所を選択する。

ステップ2:テーマを選択する。

テーマを選択することと同時に、背景イメージや背景ムービーや、タイトルや、ボタンまで選択できる。まずお好みに合うテーマを一つ選ぶ。ウィンドウがなにか出たら「OK」をクリックする。
この時に、右のボタンでDVDのメディアとボタンが設定できる。

ステップ3:コンテンツを追加する。

追加ボタン(下にある三つのボタンの中で一番右にあるボタン)をクリックして、MacでDVDを焼きたい動画をソフトに追加する。そうしたら左のボタンを押して、マップビューになる。マップビューにプロジェクトを整理する。動画の再生順番のようなものを、この時にする。また、次から次へと、タイトルに戻らなくて再生する動画は、一番目の動画をステップ2で追加するが、ほかの動画をこの時に追加する。

また、写真からMac DVD 焼く場合に、メインメニューを戻って、下にある「追加」ボタンをクリックする。そして、「スライドショーを追加」を選択する。そうしたらメニューに「My Slideshow」ボタンは表示される。そのボタンをクリックし、「More Photos」で入力する。入力したら写真の消去、順序の調整など、いろいろできる。写真から写真へとの転換方式も選択できる。それに、BGMを追加するには「メディア」パネルにある「オーディオ」をクリックする。

ステップ4:プロジェクト情報を確認して、DVDを作成する。

「プロジェクト」で「プロジェクト情報」を選択したら、新しいウィンドウが出てくる。このウィンドウで、各情報を確認する。そうしたら「ディスクを作成」ボタンをクリックする。ディスクの挿入指示が表示されたら、ドライブに空のディスクを挿入する。そうしたらファイルからのMac DVD 焼くことができあがった。

DVD複製ためにMacでDVDを増やす:ディスクユーティリティに任せろう

Mac DVD 焼く

Mac OS原生のDVDリッピングソフトとして、ディスクユーティリティはディスクの管理、検証、修復ができ、データをまとめてイメージやディスクにバックアップすることができるし、DVDディスクをコピーすることもその主な機能の一つである。

ステップ1:アプリを起動して、Mac DVD 焼きまししたいディスクをパソコンに取り込む。

ステップ2:標記された「新規イメージ」というボタンを押したら、新しいウィンドウが出てくれる。新しいウィンドウにイメージフォーマットのなかに「DVD/CD マスター」を選んで後、「保存」というボタンをクリックしてください。ここでしばらく待つと、DVDの解析が終わり、イメージファイルができる。

Mac DVD 焼く

ステップ3:ファイル形式の指定はファイルの拡張子を変わることで行う。できたファイルの名を変更して、拡張子を「.iso」に変換する。この時に警告が出てくるが、標記された「”.iso”を使用」を選んでください。これで焼くことができるISOイメージファイルまでDVD複製することができた。
この手順で失敗する場合に、何か操作が違う可能性があるので、もう一度お試しください。どうしてもできないなら、Mac DVD保存したいディスクがディスクユーティリティでコピーできないかも知れない。解決法はこれらへ>>

ステップ4MacでDVDを焼くに必要な空DVDディスクを用意する。元DVDディスクがDVD9なら、この時に同じDVD9を用意してください。DVD9からMac DVD 焼くにはDVD5に取り込めないのでご注意してください。

Mac DVD 焼く

ステップ5:元DVDディスクを取り出して、空DVDディスクをパソコンに入れる。そうしたら先作成したISOイメージファイルを一回クリックする。一番上のところに「File」メニューを見つけて、その中に「Burn "「ファイル名」" to Disc…」を選択する。指示通りに操作したら、MacでDVDを増やすことが完成。

Mac DVD 焼く

市販DVDからMac DVD 焼きましをする:MacX DVD Ripper Proが助けに来る

DVD複製する時に、特にディスクユーティリティを利用してステップ3になる時に、失敗していまうことがよくある。要するに、映画DVDなどの市販DVD、あるいはレンタルDVDをリッピングしてISOイメージに変換する時に失敗してしまう。なぜかというと、映画DVDには「DVDコピーガード」というものがある。これが、著作権を保つために、商業的にWindows、あるいはMacでDVDを増やすことを防止する措置であり、発売中の映画をWindowsMacでDVDを焼くことな不可能となる。DVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projectong DRMなど、複数の種類がある。これらを全て対応できるソフトは知る限りにMacX DVD Ripper Proだけある。このソフトは利用する時には自動的にDVDコピーガードを解除するので、ディスクユーティリティのかわりにこのソフトを利用すれば、市販DVDでもMac DVD 焼くことができる。

Mac安全ダウンロード
Windows安全ダウンロード

DVDコピーガード解除して市販DVDからDVD複製できる方法

まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

ステップ1: DVDを読み込む。

Mac DVD 焼く

MacでDVDを増やしたい元DVDをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。

MacX DVD Ripper Proがサポートする入力形式はISOイメージファイルとDVDフォルダもサポートしているので、このMac DVD 焼きましソフトでDVDをバックアップしたらDVDディスク壊れても変換できる。

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

Mac DVD 焼く

「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」を選択してください。このフォーマットなら、MacでDVDを焼くこと直接に変換できる。

直接にパソコンで再生しようとすれば、あるいはスマホで見ようとすれば、「Macの通常映像」あるいは「デバイスプロファイル」に対応な出力プロファイルを選択するだけでいい。また、動画ファイルに変換すれば再生もできるし、iDVDを利用してMac DVD 焼くこともできる。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

ステップ3:保存先を選ぶ。

Mac DVD 焼く

保存先フォルダを選び、確認する。
この時、ビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

ステップ5:空ディスクにDVD複製する。

Mac DVD 焼く

元DVDディスクを取り出して、空DVDディスクをパソコンに入れる。そうしたらデスクトップに戻る。一番上のところに「File」メニューを見つけて、その中に「Burn "「ファイル名」" to Disc…」を選択する。指示通りに操作したら市販DVDからMacでDVDを増やすことが完成。

Tips:よくあるDVDコピーガードをご紹介~

  • DVD CSS:Content Scramble Systemの略名である。DVDディスクに保存されたものを暗号化し、DVDをコピーする時に暗号化解除方法はコピーされない。そうするとコピーしたデータは元のビデオになれない。
  • リージョンコード:DVDを指定された地域で生産されたDVDドライブしか再生できない技術。
  • RCE:Regional Code Enhancementの略名である。リージョンコードフリーのドライブ、あるいはプレーヤで再生することはできないようにする技術。
  • ソニーArccOSソニーとディズニーの専用プロテクションである。怪しいタイトルがあり、再生できなくなる。
  • UOPs:User Opertion Prohobitionsの略名である。使用者の特定の操作を禁止すること。
  • 容量偽装:実にそんなに多いデータがないディスクに、実際以上に認識してしまうこと。
  • ディズニーX-projectong DRM:DVDディスクにタイトルは99もあり、その中で正しく再生できるタイトルはただ一つ。