読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

各世代のiPhone動画保存攻略!全ての動画をiPhoneに保存できる!

動画をiPhoneに保存したらどうなる?Retinaスクリーン!サラウンド!

3.5インチから5.5インチになり、960x640画素から1080Pになり、iPhoneで動画を見ることはますます楽しくなったきた。iPhone4なら、iPhone動画保存して、どんな時にもどんなところでも、動画を楽しむことができ、動画を見たい人はパソコンから離れることができる。でもRetinaスクリーンがあるiPhoneなら決してそれだけではない。RetinaスクリーンのあるiPhoneを持つと単なる普通動画を見たりAPPを利用したりすることならもったない感じがする。高解像度の大スクリーンならやはり高解像度の動画を見る。が、ウェブ動画をiPhoneで見ると、WIFIがあるならいいが、WIFIがないとフロー費用が高い。WIFIない場合なら、iPhone動画保存しておくのがいい方法である。先にインタネットから動画をiPhoneに保存したらいつでもオフラインで視聴できる。また、前に収蔵したPC動画をiPhoneへ転送したらその1080Pスクリーンで再生できる。

が、ネットにある動画も、PCに保存された動画も、それぞれなファイルである。iPhoneも自分のサポートファイルがあれば、サポートできないファイルもある。インタネットからダウンロードした動画をiPhoneに保存したら、もしサポートできるファイルでなければ、あるいはパソコンにある動画がサポートできるファイルでなければ、PC動画をiPhoneへ転送してもiPhoneで動画を見れない。ではファイルを問わずにiPhone動画保存して再生成功できるには、どうすればいいか?もしiPhoneで再生できないファイルであったら、諦めるしかないか?

iPhone動画保存ソフト:iPhoneで動画を見るのは簡単!

動画をiPhoneに保存したら再生できないと、ファイルのせいという可能性が高い。でも心配ない!再生できない動画をサポートファイルに変換してから、iPhone動画保存したら大丈夫!Macx Video Converter Proというソフトを利用し、ウェブ動画をiPhoneで保存する前にパソコンでその動画をiPhoneサポートできるファイルに変換すれば、動画をiPhoneに保存したら再生できないはずがない。なぜこのソフトを利用するか?それはその操作の簡単さと想像よりずっと早いスピードからである。自分が持っているiPhoneの機種だけ知れば、サポートファイルが知らなくても、PC動画をiPhoneへ転送することができる。それに、唯一のQSV(ハードウェア加速技術)サポートできるコンバータとして、変換スピードは世界一となり、ほかのソフトと比べると5倍ぐらいのスピードで変換できる。

また、インタネットからiPhone動画保存したいなら、Macx Video Converter Proに内蔵された動画ダウンロードを利用して、ソフト一つでウェブ動画をiPhoneで保存することが完成できる。しかもダウンロードファイルが選択できる。MP4のようなiPhoneがサポートできるファイルがあったら変換せずに動画をiPhoneに保存してiPhoneで動画を見れる。対応できるサイトはYoutubeを始めとする300以上のサイトで、ニコニコ動画のような国内サイトもVimeoのような海外サイトも全てダウンロードできる。

Mac安全ダウンロード
Windows安全ダウンロード

ウェブ動画をiPhoneで保存するには:まずダウンロードしよう!

まずMacx Video Converter Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

iPhone動画保存

ステップ1:ダウンローダを開ける。

標記されたボタンをクリックしてダウンローダを開ける。Youtubeのlogoであるが、ほかサイトからウェブ動画をiPhoneで保存することも対応できる。

iPhone動画保存

ステップ2:リンクを追加する。

動画をiPhoneに保存したい動画の再生できるページを開けて、そのURLをコピーしておく。そして、標記されたボタンをクリックしてリンクを追加する。

iPhone動画保存

ステップ3:リンクを解析する。

標記された「ベースト&分析」というボタンをクリックすればこのiPhone動画保存ソフトが自動的に解析する。解析が成功したら解像度、ファイルサイズ、コーデック、フォーマットによってそれぞれのビデオが示される。おすすめであるビデオは既に選択されたが、直接にiPhoneで動画を見れる動画があったら、選びたい一つの前にチェックを入れるだけでいい。そうしたら「OK」というボタンを押してください。

iPhone動画保存

ステップ4:保存先を確認してダウンロード開始する。

「ブラウザ」というボタンを押せば保存先を選択でき、「開く」と書かれたボタンを押せば選択された保存先フォルダをかけることになる。そして、「Download Now」という大きな青いボタンをクリックすればダウンロードが始まる。数分待つと動画ダウンロードすることが出来上がった。直接にiPhoneがサポートできるファイルをダウンロードする場合に、この時は保存先フォルダからiPhone動画保存する。が、ダウンロードした動画がiPhoneで再生できない場合になら、「自動的に変換一覧表に追加する」にチェックを入れてください。

ウェブ動画をiPhoneで保存するには:まずダウンロードしよう!

まずMacx Video Converter Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

iPhone動画保存

ステップ1:ビデオを追加する

Macx Video Converter Proを開けて、赤く標記されたボタンをクリックしてiPhoneで動画を見たいビデオを追加する。

iPhone動画保存

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

ご覧のように、Appleデバイスをクリックして、「iPhone動画へ」を選択し、適当なプロファイルを選んでください。おすすめのはMP4動画である。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。そして「完了」というボタンを押してください。

iPhone動画保存

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。
この時、ある程度な編集ができる。音量の調節、字幕の選択と追加、トリミング、クロップと拡張等、ウォーターマークの追加もできる。iPhoneで動画を見るに特定な字幕を選択したいと、編集機能をご利用ください。

ステップ4:変換を開始する。

「run」という大きいボタンをクリックして変換を開始する。数分待つと、mkv iPhone変換することが完成した。

TIPS:最新バージョンならQSV機能がサポートできる。「Hardware Encoder」にサポートできる方式を選択すれば、変換時間は大きく短縮して、変換スピードはほかのコンバータより5倍になることもできる。また、「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力音質を大きく向上することができる。

全能的なコンバータ:iPhone以外のデバイスも完壁対応!

Macx Video Converter ProMac用全能なコンバータとされ、上記のiPhone動画保存方法でもちろんiPhone6s/PlusまでのiPhoneが全て対応でき、ほかのデバイス、例えばiPad Pro/Airのようなタブレットや、Xperia Z5、Galaxy S6のようなAndroidスマホなども完壁に対応できる。iPhoneでなくてこのデバイスのために先に設定しておいた出力プロファイルを選択すればいい。このソフトが更新しつつあるので、たとえ後で新しく出るデバイスとしてもすぐサポートできるようになる。また、動画をiPhoneに保存することができれば、動画を音楽ファイルとして保存することもできる。ウェブ動画をiPhoneで保存することが失敗してしまう場合に対し、専門なソリューションもあるので、絶対成功だと言える。今更新したばかりで、インストールしたらすぐ新しいQSV機能を体験できる。ささとダウンロードして、試してみよう!