おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

【全面攻略】DVD データ コピーできる方法!各類DVDバックアップできる

なぜDVD バックアップするか?どこにDVD 複製すればいいか?

「CDやDVDなどのデータを、Macパソコンにコピーする方法について教えてください。」と、ネットで聞かれた。「えっ?」と思って検索したら、MacにDVD データ コピーできる方法も攻略もなさそうである。道理でわざわざ聴くことになった。DVDデータ保存するのがDVD バックアップしたいからであろう。ではなぜDVD複製してバックアップするであろうか?

DVDディスクは安くて、容量が多いという特徴で、今流行っている。映画やソフトウェアや、店から買ったらその対応なDVDディスクが手に入れた。それに、仕事用のDVDにファイルを保存したり運送したりすることも多い。が、DVDディスクはとても壊れ安いもの。転送する途中で壊れる可能性がある。転送しなくても、長い時間に読み書きしないと、あるいは読み書きの回数は多くなると、DVDディスクが壊れて、その中のデータは読みできなくなる。この故でもっと頼りできるところへDVD データ コピーするという要求がある。DVD バックアップしたら、DVDディスクが壊れても心配はしない。ではどこにDVD 複製すればいいのか?

もちろん壊れ易いDVDディスクにはDVDデータ保存しても無駄であろう。バックアップした後のDVDディスクも壊れ心配がある。ではDVDデータをPCに取り込む方はどう?それはいいが、パソコンはのメモリ容量が限られたもので、全部のDVD データ コピーすることはできないみたいであろう。パソコンのほかにメモリカードといったフラッシュ メモリにDVD バックアップするのも賢い。ではその方の聞いた通り、MacでDVD データ コピーする方法はなんであろう。

DVDデータをPCに取り込む方法|メモリへのDVD コピー方法

ファイル保存用DVD 複製は極めて簡単である。まずDVD データ コピーしたいディスクをMacパソコンに入れる。そうしたら何かソフトを起こすことがあったら、終了するが、作業の選択が出ることになるとエクスプローラで内容の表示にする。これでDVDディスクにあるファイルは表示される。このパソコンにDVDデータ保存したい部分を選択し、コピーしてください。そして保存したいところを開けて、貼り付けをする。

Tips

  • 全部のファイルを選択する場合にキーボードにcommandとAを同時に押す。
  • 選択したファイルをコピーする場合にキーボードにcommandとCを同時に押す。
  • ペストをする時にキーボードにcommandとVを同時に押す。

 

メモリへのDVDコピー方法も簡単である。DVD データ コピーしたいファイルをパソコンにコピーすると、コピー先をそのメモリにするだけでいい。もしDVDとメモリを同時にパソコンに入れることができないとしたら、パソコンにDVD バックアップした後、メモリをパソコンに接続して、パソコンから先にDVD 複製したファイルをコピペすればいい。

が、このDVD データ コピーする方法は簡単であるが、データ保存用DVDだけコピーできる。映画DVDのような自動に再生するDVDも、専門な機器で使用されるDVDも、このDVDコピー方法でDVDデータ保存したい失敗に決まっている。コピペすることができないことになり、成功にDVDデータをPCに取り込んでも再生できないことになる。幸いなことで、MacシステムにこのようなDVD バックアップできるソフトをついている。これから、このMac ディスクユーティリティというソフトで映画DVDのような直接にコピペできないDVD 複製できるDVDコピー方法を説明する。

映画DVDのようなコピペできないDVD データ コピーできる方法

MacシステムにあるMac ディスクユーティリティというソフトで、映画DVD DVDデータ保存してISOイメージファイルに変換することができる。それを実現するにDVDドライブのあるMacパソコンさえあればできる。それがあったら以下のステップでDVD 複製できる。

DVD データ コピー

ステップ1:そのMacパソコンにMac ディスクユーティリティを開けて、DVD バックアップディスクを取り込む。

ステップ2:標記された「新規イメージ」というボタンを押したら、新しいウィンドウが出てくれる。

ステップ3:新しいウィンドウにイメージフォーマットのなかに「DVD/CD マスター」を選んで後、「保存」というボタンをクリックしてください。ここでしばらく待つと、DVDの解析が終わり、イメージファイルができる。

DVD データ コピー

ステップ4:ファイル形式の指定はファイルの拡張子を変わることで行う。できたファイルの名を変更して、拡張子を「.iso」に変換する。この時に警告が出てくるが、標記された「".iso"を使用」を選んでください。

が、このDVDコピー方法でISOイメージ以外のフォーマットにDVD データ コピーすることができない。しかもよく失敗するそうである。Macシステム本来のソフトなのに、DVDデータをPCに取り込むことは失敗したり、DVDデータ保存してもどのソフトでも認識できなくなりしたり、いろいろな不具合がある。ではどうしてMac ディスクユーティリティでDVD 複製するのはうまくいかないか?

映画DVDデータ保存失敗した原因とその解決法

実は、映画DVD、特に買ったDVDやレンタルDVDに「DVDコピーガート」というDVD 複製防止措置がある。いま、活躍しているDVDコピーガードはDVD CSS,リージョンコード,RCE,ソニーArccOS, UOPs, 容量偽装, ディズニーX-projectong DRMなどである。DVDにこのようなDVDコピーガードをつくのは、著作権なしにDVDを違法複製することを防止したいからである。しいでDVDコピーすれば、DVD データ コピーすることは拒否される。直接にコピペすればできるが、DVDデータをPCに取り込んだ出力ファイルはどうしても認識されない。これはそのDVDコピーガードのできることである。が、DVD バックアップしたり、その中にある映画をコピーして個人的に利用したりすることも制限された。DVDの種類によってDVDコピーガードの種類が違い。暗号化DVD データ コピーすることは100%成功するにはDVDコピーガードを全て解除できるDVDコピー方法しかできない。知る限りにMacX DVD Ripper Proを利用することだけある。

MacX DVD Ripper ProMac環境に専門的なDVDリッピングソフトである。このソフトならどんなDVDコピーガードでも解除できるし、ISOイメージしか作成できないMac ディスクユーティリティと違ってこのソフトはフォルダ、ISOイメージとビデオファイルとしてDVDデータ保存することは簡単にできる。DVDリッピングの解除は自動的にでき、操作は極めて簡素化される。簡素化されるところは出力プロファイルの選択もある。デバイスにDVDを変換することは直接にそのデバイスを選択すればいい。例えばiPhone6sに映画DVD データ コピーしたいと、「Appleデバイス」をクリックして「iPhone6s」を選ぶだけでいい。これで自分が持っているデバイスのサポートフォーマットを検索する必要はなくなる。「最近しようされたプロファイル」にも先選択したプロファイルがあるので、自分のデバイスを一度選択したら300以上の出力プロファイルから探すことはいらない。変換すると品質の損失は避けないものであるとも言えるが、MacX DVD Ripper ProでDVD バックアップしたら品質の損失は全然感じられない。しかも設定によるとこの無損失の変換は一分間で完成できる。なのでこのDVD 複製専門ソフトを使うのは一番賢いDVDコピー方法とも言える。

このソフトで映画DVD データ コピーしたいならまずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。そうしたら以下のステップで操作すれば映画DVDデータをPCに取り込める。

DVD データ コピー

 

ステップ1: DVDを読み込む。

DVDデータ保存したいディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。

MacX DVD Ripper Proがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。このDVDコピー方法でDVDをISOイメージにリッピングしたら、再び変換するとISOイメージから変換することができるので、ディスクはもういらない。

DVD データ コピー

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

ディスクユーティリティが提供する出力フォーマットと違って、このDVD 複製ソフトが提供する出力プロファイルは300以上もある。DVDデータをPCに取り込むには標記された「最近使用されたプロファイル」、「General Profiles」と「DVDバックアップ」のなかに適当な出力プロファイルを選んでください。その後に携帯デバイスに取り込む場合に、下にあるデバイスプロファイルに相応な機種を選んでください。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

DVD データ コピー

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。
この時、ビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。
変換する時間は数秒で、この間にこのソフトは自動的にDVDコピーガード解除するので、これから操作が必要ない。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

Tips:よくあるDVDコピーガードをご紹介~

  • DVD CSS:Content Scramble Systemの略名である。DVDディスクに保存されたものを暗号化し、DVDをコピーする時に暗号化解除方法はコピーされない。そうするとコピーしたデータは元のビデオになれない。
  • リージョンコード:DVDを指定された地域で生産されたDVDドライブしか再生できない技術。
  • RCE:Regional Code Enhancementの略名である。リージョンコードフリーのドライブ、あるいはプレーヤで再生することはできないようにする技術。
  • ソニーArccOSソニーとディズニーの専用プロテクションである。怪しいタイトルがあり、再生できなくなる。
  • UOPs:User Opertion Prohobitionsの略名である。使用者の特定の操作を禁止すること。
  • 容量偽装:実にそんなに多いデータがないディスクに、実際以上に認識してしまうこと。
  • ディズニーX-projectong DRM:DVDディスクにタイトルは99もあり、その中で正しく再生できるタイトルはただ一つ。