おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

Surface Book vs Macbook Pro対決!全面にSurface Book Macbook Pro比較

Macbook Pro挑戦しようとするSurface Book は公開!Surface Book vs Macbook Pro対決開始!

10月六日午前十時(アメリカ時間)に、Microsoftは発表会が開いた。その発表会で公開されたSurface BookがMacbook Proに挑戦しようとした。Microsoft側は発表会で、Surface BookとMacbook Proの写真を見せて、Surface BookがMacbook Proより二倍のスピードと性能を持つと誇っている。それに、Microsoft側は意味深くこう言った、「Surfaceに模倣しながら後付きしている会社がある。」四年前、Surfaceが公開されたばかりにアップルに笑われたが、四年後の今アップルは似たような大きいスクリーン、キーボードとタッチペン付きのiPad Proを公開した。この時にMicrosoftが言った「会社」は誰かを指すかと、すぐわかる。これで、Microsoft側は今秋Surface Book vs Macbook Pro戦争を挑発した。新しいパソコンを買いたい消費者は両側の選手Surface Book Macbook Pro比較してからSurface Book Macbook Proどっち買うかと決める方が賢い。では今秋Surface Book vs Macbook Pro対決にどっちの味方になればいいか。Surface Book Macbook Pro違いはなんであろうか。

Surface Book vs Macbook Pro

Surface Book Macbook Proどっち買う?Surface Book Macbook Pro比較しよう!

アップル最新OS搭載する最新ノートパソコンのMacbook Proか、Microsoftはじめてのタブレットとノートパソコンツーインワン式Surfaceか、Surface Book Macbook Proどっち買うかと、迷っている。正直に言えばこのSurface Book vs Macbook Pro対決と言った今秋スマホタブレットとパソコンの戦争は選択障害者にとっては悪夢であるが、Surface Book Macbook Pro比較して面々にSurface Book Macbook Pro違いをわかれば選びやすくなると思う。では次世帯のCPUが搭載するSurface Bookか、200ドル安いMacbook Proか?最大1TBメモリのMacbook Proか、スクリーン解像度が高いSurface Bookか?スクリーンを取るとすぐタブレットになるSurface Bookか、バッテリー持ちが長いMacbook Proか?それとも、Surface Book vs Macbook Pro対決にシステムで決まるか?これからSurface BookとMacbook Proと、面々に比較して、Surface Book Macbook Pro違いを詳しく説明しよう。

Surface BookとMacbook Proを比べてSurface Book Macbook Pro違いを面々に!

Surface Book vs Macbook Proと言えばハードウェアもソフトウェアも、Surface Book Macbook Pro比較しなければならない。ソフトウェアなら、Surface BookはもちろんWindows10で、Macbook Proに搭載されるシステムはMac OS X El Capitanである。ではハードウェアの方はどうであろうか。ハードウェアでSurface Book Macbook Proどっちが優勝か?まずハードウェアにおいてSurface Book Macbook Pro違いをご覧下さい。

  Surface Book 
Surface Book vs Macbook Pro
Macbook Pro 
Surface Book vs Macbook Pro
サイズ 12.3x9.14x0.51~0.90インチ 12.35x8.62x0.71インチ
重量 3.34パンド 3.48パンド
スクリーン 13.5インチタッチスクリーン 13.3インチRetinaスクリーン。
解像度 3000x2000 2650x1600
システム Windows10 Mac OS X
メモリ 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB/1TB
CPU Intel Core i5/i7 Intel Core i5
RAM 8GB/16GB 8GB/16GB
カメラ 500W画素+800W画素 720P
バッテリー 動画再生最大12時間 動画再生最大12時間
価格 最安1499ドル 最安1299ドル

ace Book vs Macbook Proハードウェア編

サイズ:サイズで見れば、Surface BookとMacbook Proに大きな違いがないようである。が、Surface Bookはキーボードからスクリーンをまもるために小さい隙間が置いている。その故で、Macbook ProよりSurface Bookは少し厚い。Surface Bookのスクリーン部分を取り出してタブレットになると、厚い感じはほとんどなくなる。重量の方でSurface Book Macbook Pro比較したらSurface Bookの方は軽い。デザインなら人次第であろう。

スクリーン:スクリーンの方でSurface Book Macbook Proどっちがいいかと言えば、やはり元タブレットSurface Bookである。13.5インチで、Macbook Proの13.3インチより少々大きいし、しかもタッチスクリーンである。解像度も3000x2000画素対2560x1600画素、267ppi対227ppiである。が、Surface Bookのスクリーンはアスペクトが3:2で、ノートパソコンの常用アスペクトではない。Macbook Proの方は16:10であるので、慣れる利用者はより多くいるそうである。

メモリ:メモリの方と言えばSurface Book Macbook Pro違いも小さいが、1TBメモリのモデルがあるMacbook Proが勝つとも言える。が、Macbook ProのRAMはDDR3で、Surface Bookの方ならDDR3もDDR4も可能性があるので、実に使用体験でSurface Book vs Macbook Proで勝つのはどっちとは、今なら断言できない。

CPU:CPUでSurface BookとMacbook Proが同じと見える?実はその中に大きな差がある。Surface BookにあるCPUは第六世帯のBroadwell Coreで、Macbook ProにあるCPUは第五世帯のSkylake Coreである。これでスピードで大きな差ができた。

カメラ:カメラの方もSurface Bookの圧倒的な勝利である。Macbook Proには前に720Pカメラだけあるが、Surface Bookに前5万画素カメラがあり、後ろにも8万画素カメラがある。そもそもカメラはノートパソコンよりタブレットの方がいいのであるが、このような大きな差がでるということは、想像できない。と言っても、想像できないのはむしろ、Microsoftはノートパソコンにこのようなすごいガメラを置くことであろう。これでカメラによるSurface Book vs Macbook Pro勝負に、Macbook Proが勝つわけがないと思う。

バッテリー持ち:が、カメラもスクリーンもより良いSurface Bookは厳しい問題がある。それはバッテリー持ち時間である。Macbook Proでビデオを12時間ぐらい再生した後はバッテリーが切ると言える。実に使用すれば12時間ほどできないが一日の仕事を終わる前にバッテリーの心配はないそうである。一方、Surface Bookはタブレットを取り出すことができるように、バッテリーを二つに分けることにした。つまり、タブレットにはただ半分のエネしかない。同じく12時間と言われても、タブレットだけで利用すればバッテリー持ちは三時間しかない恐れがある。Surface Book Macbook Pro比較したらSurface Bookの大失敗なのである。Surface Book Macbook Proどっちでもバッテリーが切ると、どんなハードウェアでも動けないからである。

ハードウェアでいろいろ比較してSurface Book Macbook Pro違いを述べると、どっちが勝つとは今断言できないままである。Macbook Proタブレットになることができないが、そのニーズがない人にはこのデメリットは無と同じである。バッテリーはSurface Bookの一番大きい欠点であるが、こもり族にとって三時間は充分である。あくまでもSurface BookとMacbook Proの間に一つだけ選択すれば、自分のニーズ次第である。ハードウェアはニーズと言えば、ソフトウェアは習慣。これからソフトウェアでSurface Book Macbook Pro比較しよう。

Surface Book vs Macbook Proソフトウェア編

ソフトウェアでSurface Book Macbook Pro違いと言えばWindows10とMac OS X El Capitanの違いである。が、正直に言うと、進化されたWindowsMac OSに大きな違いは見えなくなる。MacはSiri、WindowsはCortana。Windowsはウィンドウ管理、MacはSplitView。Macはマップ、Windowsはブラウザ。Macでメモが進化される時、WindowsOneNote機能を向上する。これで両方も不足でアップグレードしながら利用者にもっと便利な体験に近づく。同じ目標に進化する結果、似たようなシステムになる。これでシステムでのSurface Book vs Macbook Pro勝負は利用者の習慣次第であろう。

Surface Book vs Macbook Pro価格と周辺デバイス編

高級モデルならSurface Book Macbook Proどっちでも同じく2699ドルが、最安の場合ならSurface BookとMacbook Proの価格が違う。Surface Bookは1499ドルで、Macbook Proは1299ドルである。が、Surface Bookにタッチペンがあるので、200ドルほど高いとは当然であろう。そのタッチペンで、スクリーンに書いたりクリックしたりするほかに、マウスの操作は一切できる。このタッチペンを利用すればデザインの仕事がずっと便利になるであろう。が、周辺デバイスと言えば、MicrosoftWindows PhoneとSurface Proがあっても互換性がほとんどないに対して、AppleiPhoneiPadApple TVはMacbook Proと組み合ったらライフスタイルそのものになることができる。価格と周辺デバイスでSurface Book Macbook Pro比較したらどっちが勝つかとは今わからないままであろう。

以上のSurface Book Macbook Pro違いを読んだらSurface Book vs Macbook Pro勝負にどっちにするかと、自分の考えがあるか。人によって選択が違い。

DVDドライブのないSurface BookとMacbook ProでDVD映画を視聴する方法

Surface Book Macbook ProどっちでもDVDドライブがないことは既に公開された。この故でドライブのないデバイスを買ったらDVD映画を見ることができないので困っている人が多くいる。確かにUSB用DVDドライブを使用するのはいい方法であるが、毎回DVD映画を見る時もUSB用DVDドライブをパソコンに連続するのは面倒なことも事実である。では一回連続するだけで、DVD映画をいつまでも見えるようになる方法があるか。それはもちろんある。DVDドライブをパソコンに連続して、DVD映画をパソコンに取り込んだらいい。DVD映画をパソコンに保存すると、次再生しようとする時にはDVDディスクがいらない。

ではここにDVD映画をSurface BookとMacbook Proに取り込めるフリーソフトを紹介してあげよう。MacX DVD Ripper Mac Free Editionという専門的なDVDリッピングソフトである。Mac用ソフトであるが、Windows用バージョンもあるので、Surface Book Macbook Proどっちでもうまく動作できる。しかも最新なシステムにも不具合なしにDVDコピーできる。CSSソニーARccOS、UOPs, RCE, APS 及び最新の Disney コピープロテクトなどのDVDコピーガードを解除する機能がついているので、DVD映画ならパソコンに取り込めないものはないとも言える。しかも出力プロファイルによってDVDからオーディオを抽出することもできる。また、出力プロファイルはビデオにせよオーディオにせよ、このフリーリッピングソフトでどんなファイルでも高速且つ高質で出力できる。高級使用者のために自由にパラメータを調整でき、ある程度に編集できる機能も用意する。