iPhone、iPadでおもしろいできること

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おもしろい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

4Kテレビとは一体何か?4Kテレビを面々にご詳しく説明しよう!

4Kテレビとは何か?4Kの意味は何か?

今テレビの売り場で、4Kテレビ、つまりよんけーテレビは盛り上がっている。売り場で4Kテレビをみるとその画質と迫力感でびっくりした。が、4Kテレビとは何か。よんケーテレビの魅力はなんであろうか。こんなに魅力であるが、4Kテレビ価格は高いか。といった疑問は多くあり、買いたいと言ってもすぐ購入はいない。買いたかったらどれを買うか、かったらテレビ4K番組は今放送しているかと、色々迷っている。では決まる前にこの記事を見てください。
実は、4Kの「K」は「千」の意味である。4Kは四千で、4Kテレビとは横に約四千画素があるテレビのことである。よんけーテレビでテレビ4K番組が画質損失なしに再生できる。一般なテレビ番組もより鮮明で、よりシャープな画質が提供できる。今の液晶テレビと比べてもより体験がより一層上がる。

よんケーテレビの進化されるところ:解像度だけでない

4Kテレビとは

4Kテレビとは解像度が高いテレビで、普通は3840x2160画素である。フルハイビジョンよりも4倍の画像数で、画面が多くなっても依然として綺麗である。が、よんけーテレビで進化されるところは解像度だけでない。解像度の進化で、大きなスクリーンで再生することは可能となった。40インチ、50インチのテレビもあるそうで、今人気4Kテレビランキングに60インチ、甚だしに70インチのテレビもある。それに、同じシーンでも、テレビ4K番組でみると細かい部分により多い画素があるのでより良い視聴体験を提供できる。映像本来の色を再現でき、暗いシーンでも完壁に再生できる。また、4Kテレビとは4Kの解像度と言っても、今生産されたテレビは先進的な技術で、解像度以外のところも進化された。例えば、4K動画をSDメモリカードに取り込めば簡単に再生できるよんけーテレビがある。

4Kテレビ価格は高いかと心配している御方にいいニュース!元々90万円前後だった4Kテレビは今何十万で、十万円以下で買えるよんけーテレビもある。4Kテレビとは高嶺の花であるという時代は既に去った。今普通の家庭でも4Kテレビでテレビ4K番組を視聴できる。が、4Kテレビとは高嶺の花でないと言っても使い捨ての物ではない。買う時に色々を考えるべきである。では4Kテレビランキングに乗られたよんけーテレビの情報を揃って、4Kテレビ価格と機能を比較してあげよう。

4Kに関する情報をもっと知る>>

4Kテレビランキング! 4Kテレビ価格と機能をご紹介~

4Kテレビとは

 

4Kテレビランキング第一位:ソニー4Kテレビ - BRAVIA KD-55X9200B

55インチのスクリーンのよんけーテレビである。今価格は308000円ぐらいで、値上がっている。機体は1494x791x320mmで、重さは38.1kg。このデバイスのメリットと言えば、画質のほかに音質も重視しているところである。画面の両サイドにスピーカーを配置し、圧倒的な臨場感が味わえる。「いい商品なので購入を検討する価値はある」と評価されている。また、対応な65インチモデルもある。

4Kテレビとは

4Kテレビランキング第二位:ソニー4Kテレビ - BRAVIA KD-49X8500B

49インチの4Kテレビとはいえ、55インチ、65インチ、70インチのモデルもある。49インチモデルの価格は169500円で、スクリーンが大きいと価格も上がるそうである。また、地域によると、217050円まで値上げる。機体は1094x704x225 mmで、重さは18.6 kgである。「X9200B」よりずいぶん軽く、大好評の高画質機能は搭載している。「MacBookProの外付4Kモニターとして使用しています」という人もいるそうである。

4Kテレビとは

 

4Kテレビランキング第三位:パナソニック4Kテレビ - VIERA TH-40AX700

4Kテレビとはソニーだけあるはずがない。このよんけーテレビはパナソニックの40インチテレビである。サイズは919x582x202 mmだけで、重量は11kgのみ。それに最安103000円だけで買える。全国にしても129800円まで値上げる。4Kテレビ価格と言えばこれ最安とも言える。小さな部屋で利用したい小画面派ならこの機種をぜひご検討!

4Kテレビとは

4Kテレビランキング第四位:東芝 4K テレビ - (TOSHIBA) REGZA 55J10X

55インチで213000円~417430円、これは一番高いデバイスかも知れない。その対応な43インチと49インチモデルがあるが、4Kテレビ価格と言っても高くない。直下型LEDバックライトと広色域復元システムにより、高画質化に加えて、輝度と色域が拡大した。テレビで唯一、衛星放送サービスの「スカパー!」の4K放送対応チューナーを内蔵しており、高精細な4K放送をこの1台で楽しむことができる。

4Kテレビとは

4Kテレビランキング第五位:シャープ4Kテレビ - AQUOS LC-50U20

55インチのスクリーンのよんけーテレビである。今価格は139000円ぐらいで、地域によって205800円で買う可能性もある。機体は1123x711x265 mmで、重さは22.5kg。これはSHARP AQUOS史上最高画質モデルであり、高い精細感が得られる。「お手軽に4K体験」と評価される。また、対応な40インチモデルもある。

4Kテレビとは

テレビ4K番組が登場!よんけーテレビ買ったらやはり4K番組!

4Kテレビとはやはり4K番組を楽しむ道具である。昨年6月2日に、Channel 4K、つまりチャンネル ヨンケイといった専門なテレビ4K番組は放送始めた。今無料に試験放送しているが、正式放送開始すると放送内または公式サイトにて告知するそうである。今は試験放送と言っても全日で4K番組を放送する。「『鉄道・絶景の旅』~紅葉の秋から銀世界の冬へ山里と秘境を縫う 飯田線の旅~」とか、「京都四季彩紀行 紅の東福寺」とか、いろいろなドキュメンタリー映画は放送されている。また、相撲試合といったスポーツ放送もある。チャンネル ヨンケイのほかに、今放送しているテレビ4K番組は二つある。一つは昨年10月に配信開始の4K VODであり、もう一つはスカパー!4K総合(Ch.596)とスカパー!4K映画(Ch.595)である。これらのテレビ4K番組は4Kテレビ価格に値するかないかと、売り場でみるとすぐわかる。