iPhone、iPadでおもしろいできること

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おもしろい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

iPhone6s評価・口コミニュース|iPhone6s不具合まとめ|iPhone6sメリット・デメリット

iPhone6sメリット・デメリット

iPhone6sメリット・デメリット、レビューについて

アメリカのIT大手Appleが9日、画面を押す強さに応じて操作できるなど新たな機能を導入した最新機種iPhone6s/6s Plus、を発表した。予約開始は9月12日から、発売は9月25日から、個人的にはカメラの機能が気になっていて、前回と同じなバグ・不具合がないことを祈りたいと思っている。去年発売されたiPhone6の後継機で、これまでできなかったことをできるようにして、いわゆる3D Touchという機能が初めて導入されたこと。リアルタイムの反応を感じることができる。一方、今回のApple発表会では、待望のiPhone6s/6s Plusについてのご紹介は、唯40分間であった。ということは、イベントの1/3に占めたこと。一体iPhone6sを購入するかしないかということに関心を持つ人が多いだろう。今回は、iPhone6sメリット・デメリットを予め整理してみた。「iPhone6sレビュー:iPhone6s評価・口コミ」や「iOS9不具合・新機能」をご紹介する。宜しければご参照下さい。

iPhone6sレビュー:iPhone6sメリット・デメリット

【メリット一覧】

★ 新色ローズゴールド追加!発売前から女性に人気:噂通り、新しいアイフォンでは新色「ローズゴールド/Rose Gold」がラインナップに加えられている。ツイッター上では主に女性がこの新色に反応していおり、「買いたい」「カワイイ」という声が上がっている。新色の登場に伴って、ユーザーの「買いたい」という気持ちも高めるに決まっている。これも最新のアイフォン6s/6s Plusであるか否かを確認できる印だと思っている。だから、この点から見れば、もう女性に人気なのはいうまでもなく、新しいiPhone6s/6s Plusを買いたい男の子もたくさんいるだろう。
★ 3D touch搭載!操作を一段と素早く簡単に行える:iPhone6sに先んじてHuaweiが「Forece Touch」搭載スマホ「Mate S」を発表したが、新型iPhoneに搭載された3D Touchと呼ばれる感圧タッチパネルは想像以上に強い。同じMulti-Touchジェスチャーを導入したが、iPhone6sの方がMate Sよりずいぶん進化していた。3D TouchではPeekとPopが登場し、iPhoneの体験に新しい次元の機能性がもたらされる。3Dタッチを使うとiPhoneが微かなタップを返してくるので、プレスによってできることを目で見るだけでなく、感じることができる。この機能もiOS9と深く結びついている。余計の話だが、3D Touchをうまく活用するには、勉強する必要がある。更に、iPhone6s/6s Plusに採用されている3Dタッチディスプレイは爪では反応しないため、爪が長い女性は入力が難しい。女性たちはどう選ぶの?
★ カメラ大幅強化:iPhone6sレビューでは、iPhoneの目玉機能の一つはそのカメラ性能。一番従来は画素数こそ800万少ないものの絵作りと画質に定評あったiSightカメラは1200万画素センサ採用になった。4K動画撮影にも対応する。前面のFacetime HDカメラは500万画素。画面を適切な色で光らせるRetina Flash機能を搭載している。画素数から見れば、あるAndorid機種に劣り、5枚構成レンズf/2.2の開口部も目立たないが、みんながiPhoneで写真を撮るのに夢中になっている。Android機種に勝ち、iPhoneは世界中で極めて多くの人に愛用され続いているカメラである。4.7インチのiPhone6sには光学式手ブレ補正を搭載していなく、5.5インチのiPhone6s Plusのみ光学手ブレ補正機能を搭載している。
★ A9 64bitプロセッサが搭載、グラフォック性能は90%アップ:モーションコプロセッサはチップ内に入っていて、いつでもスタンバイ状態。そのため、いつでもHey、Siriと呼びかけてSiriを起動できるのである。その他、処理速度が上がったおかげで、指紋認証も2倍の早さに。だから、CPU性能が上がったお陰で、より高い処理性能を必要とするゲームが遊べそうである。
★ 4G LTE-Advanced、最大23のLTE周波数帯に対応、想像以上速い:iPhone 6sは、ほかのどのスマートフォンよりも多い最大23のLTE周波数帯に対応しているので、世界中で一段と快適なローミング接続を利用できる。Wi-Fiに接続している時のスピードも最大2倍。iPhone6sなら下がり最大262.5Mbps、NTTドコモが「PREMIUM 4G」(プレミアム4G)を9月25日から高速化。期待している。その他、Bluetoothテクノロジーにも対応するので、Apple Watchや外部のスピーカーなど、数えきれないほどのデバイスとも常につながっていられる。
★ iOS9、従来より更にセキュリティが向上:iPhone6sレビューによると、iPhone6sのパワフルな機能や強固なセキュリティなどの全てを連係させるのはiOS 9である。A9チップ、強化されたカメラ、Touch IDのセンサーなど、優れたハードウェアの機能をアプリがフルに活用できるのはこのiOSのお陰である。iOSはあなたがアプリを使いたくなる時間を習い、機器が既に使用している時や無線ラインに接続している時など、電力効率の良いタイミングを見計らってコンテンツを更新しておく。お使いのiPhoneをもっとインテリジェントにする。iOS9新機能・不具合に関する情報はこのリンク先をクリックしてください。
★ アップグレードプログラム、毎年新しいiPhoneに買い替え:月額32.41ドルでiPhoneを毎年入手できるアップグレードプログラム発表。というわけで、支払いは24回(=2年間)。この価格には、あのちょっと高い印象のApple Care+も含まれているのはポイント。この面白いプログラムは、Appleやユーザー、販売店にメリットがあり、キャリアが商売を取り仕切っているこの日本では、過度に期待しないほうがいいだろう。でも、前モデルから買い替えできるプランがある。

【デメリット一覧】

★ デザイン変わらない、カメラレンズが出っ張りはそのまま:iPhone6s評価・口コミサイトによると、外見から見れば、iPhone6の正統な後継モデルであるiPhone6sは、前期モデルとはほぼ同じで、デザイン的に大きく変わることはないである。デザイン変わらないことは予想通りで、Appleは2年間このデザインを使い倒すからである。でも、iPhone6/6 PlusからiPhone6s/6s Plusに買い替えるユーザーは気にするかも、。目立つ上下にあるDライン(白や灰色の線)、や背面のカメラレンズが出っ張ったデザインは、なにかが物足りない気がする。上述していたローズゴルードは購入欲を刺激するものの、男性にとってはちょっと。
★ サイズが大きく重くなった:iPhone6sの本体サイズは若干であるが大きくなっており、全体で0.1mm~0.2mmほど大きくなっていることが確認できる。また、重量に関しては30gほど重くなっており、重量感をかなり感じることになるかも。感圧タッチパネルとなる3D Touchを搭載したことで部品がかなり重くなったということなんだろう。だから、前期モデルと比べて、新モデルiPhone6sで更に大きく、重くなってしまうのはちょっと残念。
指紋認証がスピードアップしない:世界初スマホ指紋認証(Touch ID)を導入したのはApple。イベントに合わせて、iPhone6sではやっとTouch IDのセンサーを強化された。指紋の感知が一世代前のモデルよりも更に速くなった。現段階発表された情報から見れば、新iPhone6s/6s Plusがスリープの状態で、指紋認証できなく、指紋認証と関わるアプリや操作も非常に少ない。指紋を鍵とするファイル、写真暗号化されているAndroid機種に対しては、何かが物足りない気がする。
★ 画面サイズ、バッテリー、RAMはちょっと:4.7インチのiPhone6sの画面解像度は1334x750である。一方、現在ほとんどのAndroid機種でも1080pに達する。だから、110,072円がかかるiPhoneは少しケチだと思っている。iPhone6sのバッテリー容量やRAMに対しては、Appleは発表していなかった。でも、iPhone6を使った経験があるユーザーは、最低一日に一回充電する。
★ iOS9不具合でiOS9ダウングレード:例えば:OTAでアップデートファイルをダウンロードする時間が長すぎ、「アップデートを検証中」のステップで前へ進めない、iTunesでアップデートができないなど、様々な不具合が続出。
★ デュアルSIMに対応していなくて、本体価格が高い。iPhone 6s 16GBは86,800円、64GBは98,800円、128GBは110,800円。iPhone6かiPhone6sかどちらを購入すべきかというと、個人的な意見だが、自分はiPhone6を買うつもり。本体価格を気にせず、スペック重視なら、iPhone6ではなくiPhone6sの方がいいだと思う。

★ 上記のiPhone6sメリット・デメリットを見てから、どう思うの。客観的に見れば、iPhoneの方がAndroid機種より操作性が良く、セキュリティに強いからである。だから、iPhoneを使い続けている。また、AndroidとiPhoneの違いはこのリンク先をクリックして参考にしてください。以下は、iPhone6sレビュー:アイフォン6sバグに関する情報をまとめてみた。ネットで一部で話題になっている噂だが、ご参考までに。

iPhone6s不具合・アイフォン6sバグ予想

1.iPhone6s不具合-カメラ:iPhone6sの情報で一番気になるのはやはりカメラ。iPhone6s/Plusの画質は背面のカメラがこれまで8メガピクセルだったのに対し12メガピクセルへと上がった。内側のカメラが1.2メガピクセルだったのが5メガピクセルへと進化をとげたのである。撮った写真が曇ってしまう、写真を撮ると傷みたいな跡がずっと付いてしまうというiPhoneのカメラの不具合で多かった例を見てから、9月28日発売されるiPhone6s/6s Plusではこれは防げないのではないか?と心配している。

2.バッテリ容量が小さくなる:iPhone6sのバッテリー容量は1715mAhということが判明した。iPhone 6のバッテリー容量が1810 mAhだったので、95 mAh、約5%のバッテリ減量ということになる。もっと言えば、iOS 9がiOS 8よりもバッテリー消費が少なくて済む、ということになるが、iOS8ような異常バッテリー消費問題が発生するようだと、5%と言えどもユーザーからの不満が多数出そうである。iPhone6をはじめとするiOS機器のバッテリーを長持ちさせる方法>>

3.タッチ感度が悪く、アプリやっていると、途中で反応しなくなることがある。

ちょっとしたヒント

iPhone 7/6s/6s Plus dvd取り込み

iPhone 7/6s/6s Plus 動画無料DL方法

iPhone6/6 PlusとiPhone 6sの違い