おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

OS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードすべきか?面々でエル・キャピタンの分析へ!

最新OS X 10.11エル・キャピタンが登場!

OS X 10.11エル・キャピタン

Appleが日本時間6月9日(火)2時から行った、開発者向けのイベント「WWDC 2015」で次期のMac OS Xである「OS X 10.11 El Capitan」を発表した。OS X Yosemiteに基づいて、新機能とデザイン上の変化が注目を集まっている。ところで、なぜ名前をEl Capitan(エル・キャピタン)に決定するかというと、実に、エル・キャピタンはヨセミテ公園(前期OS X Yosemiteの名前の由来である)の中にある「岩」の名前なんだそうである。つまり、公園の中に入ったことでどんどん核心にせまりつつあるということである。この新しいOSバージョンはを体験したい場合、新規のMacユーザーなら、OS X 10.11 El Capitanを搭載する最新Macモデルを購入、既存のMacユーザーはリリース日を待って、Mac App Storeからこの最新バージョンのOSをダウンロードできるはず。しかし、機械音痴や、素人にとって、OS X 10.11 El Capitanについての知識を持っていないと、勝手にOS X 10.11にアップデートする自信がないだろう。そのため、本文は、OS X 10.11 El Capitanの新機能、デメリットとデメリット、リリース日、対応可能なモデルなと含め、役に立つ情報を満載!

OS X 10.11 El Capitan(エル・キャピタン)概要

アップルはOS X 10.11 El Capitanのユーザー操作性・パフォーマンスに焦点を当てている。ウィンドウ管理、アプリケーションの改善及びSpotlight検索の強化など、Macの使い勝手の良さを一段と向上する。エル・キャピタンはYosemiteとほぼ同じ外観デザインを採用する。ただし、OS X 10.11はシステム全体にわたって、新しいフォントSan Franciscoを追加する。また、OS Xのウィンドウ管理機能、ミッションコントロールの進化もこの最新OSにある。iPad版iOS9に搭載された2画面分割表示機能となる「Split View」がフルスクリーンモードに搭載される。Spotlight検索は強化された機能と多くなるソースを得て、自然言語入力をサポートする。そして、Safariはピン留めサイト機能を搭載して、お気に入りのサイトをタブバーにピン留めすることができる…詳しい情報は次の内容を読んでください。

  • メールアプリでスワイプジェスチャ機能追加、フルスクリーンモードの改善
  • 新しい日本語フォント「クレー」「筑紫A丸ゴシック」「筑紫B丸ゴシック」「游明朝体+36ポかな」を追加
  • 日本語入力にライブ変換機能を搭載
  • Spotlightの検索機能強化
  • Mission Controlの改善
  • Safariにタブの固定機能を追加
  • グラフィックスの新しいコアテクノロジー「Metal」を搭載
  • Split Screen(画面内に2つのウィンドウを分割最大表示)機能の追加
  • 対応機種はOS X Yosemiteと同じ
  • 全体のパフォーマンス改善
  • 本日より開発者向けのβ版を公開、正式リリースは秋
  • 日本語公式ページ「Apple OS X El Capitan」を公開

OS X10.11とWindows 10の比較:どのようにアップデートするのか>>

Mac OS X 10.11、El Capitan評判!面々でOS X 10.11、El Capitanを徹底的に分析>>

OS X 10.11に追加される新機能っていちいち見てみよう!

Spotlight検索

OS X El Capitanにも、iOS 9 にも、Spotlight検索が改善された。現在のところ、Spotlightはもっと多くのデータソースにアクセスできて、天気、株、スポーツと動画がSpotlightウインドウに表示される。もっと重要なことは、Spotlightは、自然言語検索に対応したのである。また、OS X El Capitanは「金曜日の天気」や「ブライアンから来たスライド」など、複雑な検索条件でも検索が可能な点をアピールした。また日本語版公式ページの紹介でも「4月に高尾さんから来たEメール」といった例が挙げられているので、日本語対応もなされているようである。さらに、Spotlightウインドウをドラッグしたりリサイズできるよう になる。

ウィンドウ管理

Mission Control(ミッションコントロール)はOS Xのウィンドウ管理機能である。Mission Controlアプリケーションにアクセスしたり、あるいはMacのF3ボタンを押したりして、開いているアプリケーションが並列化して表示してくれる。そして、それらのアプリの操作スペースを設定可能。エル・キャピタンでは、ミッションコントロールはもっと簡潔、最適したデザインを備えて、ウインドウ管理を簡単にする。ウインドウを整理したい時には、移動させたいウインドウを画面上部にドラッグ &ドロップするだけで、新しいデスクトップスペースに移せる。

Split View

Split View機能を利用して、2つの アプリケーションの画面をフルスクリーンで左右に並べることができる。たとえば、メールとSafariを並べて、Webページの情報を調べながらメールを書くというような使い方が可能。ウインドウをリサイズすることによって、 Yosemiteでも同じことを操作できるが、Split View機能で手動でアプリのサイズや、ウインドウの表示位置を調整する必要がなく、より早い速度で動作してくれる。

メール

Yosemiteでメールを使用する場合、ルスクリーンモードを選択すると、メッセージを編集といった作業が無理。それに対して、エル・キャピタンでは、フルスクリーンに切り換えて複数のメールメッセージを開いて作業するようなことも可能になった。具体的に言えば、フルスクリーンモードで、メッセージを作成しながら、別の会話ウィンドウに切り替えたり、受信トレイをクリックしたり、送信中のメッセージを画面に下部に表示したりすることが対応可能。

メモ

El Capitanでは「メモ」機能も一新し、メモ中にPDFファイル、写真、動画及び他のファイルをドラッグ&ドロップしたり、Safariやマップのようなアプリケーションからのコンテンツも共有メニューを通じて直接追加できるようになった。また、iCloud(インターネット上にデータを保存して、ログインすればどの端末からもデータにアクセスできるようなサービス)を使って、メモは同期を有効にしているすべてのデバイスで常に最新の状態で見ることができる。

写真

「写真」機能もある程度の進化を遂げている。撮影場所を1枚の写真またはモーメント全体に追加できるようになったほか、アルバムをタイトルや日付で分類できるようになった。また、サードパーティ各社がMac App Storeで提供している編集用の機能拡張をダウンロードして、写真アプリケーションの中でそれを利用することも可能になる。写真のマイコレクションを作成している方にとって、その便利さがものを言うだろう。

Safari

Safariでは新たに、お気に入りのウェブサイトを開いたままタブバーでアクティブにしておくページピン機能が追加され、また、流れるブラウザの音声をどのタブからでもを素早く消音するミュートボタンも用意された。

フォント

El Capitanでは、日本語の平仮名入力を書き言葉に自動的に変換することで、個別に変換候補を選んで確定するといった必要性を減らし、入力を速くしている。また、新たに加わった日本語4書体を利用し、文書に合うパーフェクトなフォントを選ぶこともできる。

<>※2015年注目されているOS X 10.11エル・キャピタン最新情報特集:

OS X10.11 vs Windows 10

Mac OS X 10.11、El Capitan評判

Handbrake El Capitan使えない

OS X 10.11エル・キャピタンに対応機種は?

お手持ちのMacに「OS X Yosemite」「OS X Mavericks」が問題なくインストールできていれば、「OS X El Capitan」に問題なくアップグレードすることが可能となっている。七年以前のバージョンもOS X 10.11エル・キャピタンにアップデートできる。向上したパフォーマンスを提供してくれるエル・キャピタンは、あるMacモデルでヨセミトより、高速で動作できる。以下はOS X 10.11エル・キャピタンに対応機種一覧:

  • iMac(Mid 2007年以降)
  • MacBook(13インチ アルミニウム製 Late 2008年以降 /Early 2009年以降)
  • MacBook Pro(13インチ Mid 2009年以降 / 15インチ Mid 2007年以降 / 17インチ 2007年以降)
  • MacBook Air(Late 2008年以降)
  • Mac Mini(2009年以降)
  • Mac Pro(2008年以降)
  • Xserve(2009年以降)

OS X 10.11エル・キャピタンのリリース日

OS X 10.11 El Capitanのデベロッパ向けは日本時間の6月9日より配布開始、一般のベータテスタ向けには7月頃に提供開始予定とのことである。一般ユーザ向けには今秋リリース予定とのことなので、過去のリリースタイミングから推測するにおそらく9月末から10月末のあいだ頃になるんじゃないかと予想されている。

OS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードすべきか?

以上から見れば、OS X 10.11エル・キャピタンは確かに前バージョンのOSより、面々で改善されたそうである。ワクワクとOS X 10.11エル・キャピタンのリリース日まで、一秒も早くOS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードして、その素晴らしさを体験したいか。ところで、エル・キャピタンはいいところがたくさんあるが、惜しいところもあるだろうか。現在、OS X 10.11エル・キャピタンが発表されてばかりなので、エル・キャピタンの欠点や、デメリットや、無視できない問題やまだまだ出てこない。本文は更新し続けて、素早くOS X 10.11エル・キャピタンの最新情報をお届ける。お楽しみにしてください。

OS X 10.11エル・キャピタン環境ででDVDをコピー方法

まず、MacX DVD Ripper ProOS X 10.11エル・キャピタンを搭載するMacコンピュータにダウンロードとインストールしてください。起動したら、上部の「Help」をクリックして、インターフェース言語を日本語に指定できる。

 OS X 10.11エル・キャピタン環境ででDVDをコピー

ステップ1:DVDを追加

「DVD追加」ボタンをクリックしてから、コピーしたいDVDディスクをソフトに追加する。

ステップ2:出力プロファイルを選ぶ

DVDがかかっているコピーガードが解除されたら、出力プロファイルの窓口が出てきた。そして、ご使用用途に合って、最適した出力プロファイルを選んでください。

ステップ3:保存先を指定

「ブラウザ」をクリックして、出力映像を保存用のフォルダを選んでください。

ステップ4:DVDコピー開始

「RUN」ボタンを押したら、OS X 10.11エル・キャピタンでDVDをコピーし始める。途中、随時にキャンセルすることもできる。