おいしい方法たち

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おいしい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

【必見】iPhone6s 動画 保存ができる方法大公開!知らないと損!

iPhone6s発売はすぐ!新機能を早目に見る!



期待されるiPhone6sは発売日に近くなり、iPhone6sに関する情報も多くなった。これらの情報で、iPhone6sの新機能は明らかになる。ではiPhone6からの進化は一体何であろう。まずは、A9コアが搭載されることで、、ハードウェアは全面にアップグレードされる。カメラもいつもの800画素から1200画素になる。これがiPhoneカメラの初進化とも言える。今回機体の色がRose Goldenも選択できるので、これで女性の利用者も増えると予測されている。それに、iPhoneのバッテリーは長持ちが悪いというデメリットに対し、iPhone6sのバッテリーが高速充電がサポートしている。これでビデオをずっと再生しても心配することはない。スクリーンの進化はiPhone6sで一番ワクワクさせることである。iPhone6と同じ、4.7インチと5.5インチの機種があるが、解像度が大きく向上された。4.7インチのスクリーンは1334x750で、5.5インチのスクリーンは1080Pまである。このスクリーンはRetinaスクリーンの解像度も超える。iPhone6s 動画 保存したら1080Pの超Retinaスクリーンで超高解像度の動画が見れる。また、スクリーンにForceTouch機能があるので、iPhone6sに動画保存も再生も、操作は全て簡単便利になるであろう。上記の進化によって、iPhone6sはiPhone6より軽くなり、厚さも6.9mmから6.7mmになった。

ソフトウェアの方では、iPhone6sにiOS9が搭載されるという。つまり、iPhone6sで新しいiOS9の新機能が利用できる。動作スピードが早くなる他に、強化されたマップを使ったり、進化されたメモを利用したりすることができる。また、動画保存ソフトさえあれば、YoutubeをiPhone6sに取り込み、CarPlayの機能で車に再生したりすることもできる。が、これはiPhone6s 動画 保存ができるソフトがあってからのことである。iPhone6sが新しいモデルで、その中に搭載されたiOS9も最新のバージョンなので、順調且つ簡単にダウンロードでき、ウェブにiPhone6sに動画保存サポートしているファイルがない場合に動画変換できる動画保存ソフトは今あるか。あるいはソフトの進化を待たなければならないか。それは、確かにある!待つことなく、今が使える!これから、iPhone6s 動画 保存ができる動画保存ソフトを紹介する。

iPhone6s 動画 保存ができる動画保存ソフトおすすめ!

YoutubeをiPhone6sに取り込む最高のソフトといえばもちろんMacx Video Converter Proである!このソフトはMac専用なコンバータで、Windows用バージョンもある。中に搭載されたYoutubeダウンローダYoutubeにアップロードされたビデオもオーディオも簡単にダウンロードできる。この動画保存ソフトはYoutube downloaderと言われるが、Youtubeだけでなく、ニコニコ動画、FC2動画、ひまわり、Vimeo等、300以上のサイトから普通のウェブ動画、されに高解像度のウェブ動画をiPhone6sに変換できる。しかも出力プロファイルも選択できる。iPhone6s 動画 保存のために、iPhone6sに動画保存できるファイルを選び、ダウンロードすることがサポートできる。場合によって、iPhone6s 動画 保存することは一分間もかからない。音楽をダウンロードするに30秒だけで充分である。YoutubeをiPhone6sに取り込むするためにウェブで再生できるページのアドレスとこと動画保存ソフトだけが必要であり、操作も一分間で覚えるほどわかりやすい。

が、サイトにiPhone6sに動画保存できるファイルがない場合もある。この時、このコンバータの動画変換機能を利用し、ダウンロードしたビデオをiPhone6sに動画保存できるファイルに変換する。iPhone(iPhone6s、iPhone6、iPhone5s等)、iPadiPad Air 2、iPad AiriPad mini 3)といったApple社の各モデルに対し、設定しておいた出力プロファイルがあるため、対応な選択肢を選んだらいい。これでサイトに適当なファイルがなくてもウェブ動画をiPhone6sに変換するのは操作が極めて簡単になる。これからMacx Video Converter ProでYoutubeをiPhone6sに取り込める一番の方法をご説明する。

無料ダウンロード:Mac用  Windows用

ウェブ動画をiPhone6sに変換できる一番な方法:必ず成功!

まずMacx Video Converter Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。これから、「ウェブ動画をダウンロードする」と「ダウンロードしたウェブ動画をiPhone6sに変換する」という二部分に分けて説明する。ウェブ動画をダウンロードする時にiPhone6sに動画保存できるファイルがあったら第二部分の操作はいらない。

 

一、ウェブ動画をダウンロードする

ステップ1:リンクを追加する

ダウンロードしたいビデオが再生できるページを見つけってURLをコピーする。そして、赤く標記されたボタンをクリックしてください。 

ステップ2:リンクをペストし、解析する。

コピーしたリンクをベストして、「分析」と書かれたボタンを押してください。あるいは「ペーストと分析」という青いボタンを押せばMacx Video Converter Proが自動的に解析できる。

解析したら解像度、ファイルサイズ、コーデック、フォーマットによってそれぞれ違いビデオが示されるので、この時iPhone6sに動画保存できるファイルがあったら選択する。そして「OK」というボタンをクリックしてください。

ステップ3:保存先を選ぶ

保存先を選択し、確認する。「ブランザ」をクリックすることで保存先を選ぶ。「開く」をクリックすれば保存先フォルダを開けることになる。

ダウンロードできるファイルにiPhone6sがサポートできるファイルがない場合に、「自動的に変換一覧表に追加する」にチェックを入れてください。

ステップ4:ダウンロードを開始する

「Download Now」と書かれた大きな青いボタンを押せばダウンロードを始める。

 

二、ダウンロードしたウェブ動画をiPhone6sに変換する

ステップ1:ビデオを追加する

Macx Video Converter Proを開けて、赤く標記されたボタンをクリックしてビデオを追加する。第一部分で「自動的に変換一覧表に追加する」にチェックを入れる場合ではこのステップは不要。

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

お持ちのiPhoneに合う出力プロファイルを選んでください。今相応な出力プロファイルがない場合、推薦である出力プロファイルを選ぶことにする。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。そして「完了」というボタンを押してください。

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

この時、ある程度な編集ができる。音量の調節、字幕の選択と追加、トリミング、クロップと拡張等、ウォーターマークの追加もできる。

ステップ4変換を開始する。

「run」という大きいボタンをクリックして変換を開始する。

「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

Macx Video Converter Proできることはもっと!

Macx Video Converter ProができることはiPhone6s 動画 保存することのほかに素晴らしい機能が多くある。ダウンロードできない場合に対し、ソリューションが用意しておく。スクリーンショット機能があるのでサイトで再生しているビデオをスクリーンレコーダーで捕らえるという方法である。それに、Appleデバイスのほかに、この方法でYouTube動画をAndroidにダウンロードすることもできる。ただ対応な出力プロファイルを選んぶだけでいい。Macx Video Converter Proにカメラ録画とスライドショー作りの機能もあり、Split View機能でも動ける。専用なMac用コンバータとして、OS X Yosemiteで動画を変換することはもちろん、最新なOS X El Capitanでもうまく動ける。ささとMacx Video Converter Proをダウンロードして、その便利さを試してみよう!