iPhone、iPadでおもしろいできること

アップルにきょうみが持っているiPhoneユーザー~おもしろい方法じょうだい!(=ΦエΦ=)

20年ぶりにパラッパラッパー PS4再登場!2017年春リメイク版発売決定!

音ゲー始祖のパラッパラッパーリメイクされた!

パラッパラッパー PS4

PlayStation初期名作のパラッパラッパーが公開してきた20年になった。1996年に初代PlayStationに登場した初代パラッパラッパー発売されたらすぐ風靡した。大人も子供も大好きだった初代パラッパラッパーは人々に貴重な記憶を与えてくれた。では今その思い出満々なパラッパラッパー PS4に再登場される!パラッパラッパー誕生20周年記念として、2017年にパラッパラッパーリメイク版が発売され、今ステージ1「フルーツ道場」がまるごと遊べるパラッパラッパー体験版がPS4でダウンロードできるようになった。小さいごろからずっと付き合ってくれたPSゲームが次々とリメイクされる今は、今回はパラッパラッパー PS4に対応できるようになる!

パラッパラッパー PS4

パラッパラッパー体験版情報:12月5日で配信されて今ダウンロードできる!

12月5日ですでに配信されたパラッパラッパーリメイク版の体験版は今ダウンロードできる。ステージ1「フルーツ道場」がまるごと遊べる。パラッパラッパー PS4に登場され、リメイクでも感じもスタイルもオリジナルで、子供のごろ主人公のパラッパと一緒に遊ぶ感じとそっくり!パラッパラッパー体験版がダウンロードも遊ぶことも無料である。キャラはパラッパ以外にタマネギ先生もいるそうで、ラップバトルを楽しむことができる。PlayStationRStoreでパラッパラッパー PS4対応できるバージョンが簡単にダウンロードできるので、今すぐ試してみよう!

完全版パラッパラッパー発売情報!パラッパラッパー PS4に登場!

パラッパラッパー PS4

パラッパラッパーリメイク版を思い存分にたのしみたいお方にとって、ステージ1「フルーツ道場」だけで全然足りない。2017年パラッパラッパー体験版よりずっと楽しめる正式版の発売が期待できる。2017年春にPS4に対応するパラッパラッパー発売されるという情報が入って込む。詳しい情報:

  • 発売元ソニーインタラクティブエンタテインメント
  • プラットフォーム:PlayStationR4
  • ジャンル:リズムアクション
  • 発売日:2017年予定
  • 価格:未定
  • CERO:A(全年齢対象)

パラッパラッパー PS4とPS4 Pro両方も対応でき、解像度は1080Pと4K両方も選択できる。でもパラッパラッパー体験版が無料だけど正式版は有料。販売形態はダウンロードで、パラッパラッパー発売時間は2017年春になる。価格は今未定であるが、最安9.99ドルで、たかくても14.99ドルに超えないと予測されている。一人で楽しむことができるかたわら、友達と二人で遊ぶこともできる。また、オンラインでパラッパラッパーリメイク版を2-8人で遊ぶことができる。全年齢対象と言っても、小さい子供にとって難しすぎるコンテンツがあるので、パラッパラッパー PS4版 攻略と言ったものは必要な場合もある。

Xperia XZ iPhone7比較一覧:Xperia XZ vs iPhone 7に一つだけ買うならどっち

2016秋新機種、Xperia XZ vs iPhone 7対戦

2016秋に公開されたスマホのなかに、一番人気なのはXperia XZとiPhone7であろう。iPhone7が既に公開されて発売された。今回はジェットブラック機体が入ってくるが、依然としてiPhone7とiPhone7 Plusからなっている。価格は最安72800円で、メモリ容量によって94800円になる機種もある。一方、Xperia XZは公開されたが今発売されていない。発売は11月上旬になり、ドコモ、ソフトバンクauも発売する予定である。デザインは高級感満々であるが、Xperia XZ iPhone7比較したらXperia XZのほうが高くなりそうで、82000円になるという。Xperia XZ iPhone7どっちでも前代より大きく進化されたというわけがないので、今Xperia X performanceあるいはiPhone6sを使っている人にとって買い直す必要がないが、でもそれより古い機種から機種変更を検討しているお方にXperia XZ vs iPhone 7どっち買ってもいい選択である。

ハードウェアによってXperia XZ iPhone7比較してみよう

機種 Xperia XZ iPhone 7 Plus
機体 146x72x8.1mm
Forest Blue(濃い青)、Mineral Black(黒)、Platinum(銀)
138.3x67.1x7.1mm
ローズゴールド(ピンク)、ゴールド(金)、シルバー(銀) 、ブラック(黒)、ジェットブラック(黒)
ディスプレイ 5.2インチ
1920x1080ドット
4.7インチ
1334x750ピクセル
カメラ 2300w+1300w画素 1200w+700w画素
コア Snapdragon 820 A10+M10
メモリ RAM:3GB
ROM:32GB/64GB
Micro SDメモリカード対応可能
RAM:2GB
ROM:32GB/128GB/256GB
Micro SDメモリカード対応不可
バッテリー 2900mAh 1960mAh
システム Android6.0 iOS10

デザイン:Xperia XZ vs iPhone 7:新しい色付くiPhone7と高級感満々なXperia XZ

デザインというと、Xperia XZとiPhone7両方も素晴らしいが、自分のスタイルがある。Xperia XZはソニー風で、黒、銀、濃い青三つの色が選択できる。iPhoneはピンク、金、銀と二つの黒が選択でき、iPhone6とiPhone6sに跡づいたデザインである。サイズでXperia XZ iPhone7比較するとやはりスクリーンが大きいXperia XZのほうが大きいである。

スクリーン:Xperia XZ iPhone7どっちでもシャープな画面

Xperia XZ vs iPhone 7にXperia XZのほうがスクリーンが大きくて、5.2インチになる。しかも解像度は1080Pになる。iPhone7は4.7インチスクリーンが搭載されて、解像度が1334x750ピクセルである。Xperia XZとiPhone7両方もシャープな画面が映ってくれる。大きいスマホがほしいお方はXperia XZにするほうがいいのかもしれないが、iPhone7 Plusも素晴らしいと思う。

カメラ:Xperia XZ iPhone7比較するとやはりXperia XZ

今年iPhoneでカメラを進化されるのは、iPhone7 Plusである。iPhone7はカメラがほぼ進化されていない。メインカメラは1200w画素で、FaceTimeカメラは700画素である。一方、Xperia XZが主に進化されるものはカメラで、メインカメラは2300w画素で、FaceTimeカメラは1300w画素である。しかもソニースマホが撮った写真は色がおかしいというデメリットもなくなるそうである。

コア:Xperia XZとiPhone7と違いが両方も素晴らしい

iPhone7に搭載されるのはA10+M10コアで、公式サイトからの情報によるとiPhone6sより性能が40%アップされたという。Xperia XZはコアがSnapdragon820であり、いままではAndroidスマホにコア一位である。Xperia XZとiPhone7に違いコアで違いシステムが動作しているが、両方でも素晴らしいと言え、AndroidiOSも一位のコアが搭載されている。

メモリ:Xperia XZ vs iPhone 7にニーズに合うのが一番

メモリがXperia XZのほうはいいと見えるが、実にニーズによってそうではないのかも知れない。Xperia XZは3GBのRAMで、iPhone7が2GBのRAMであるが、AndroidよりiOSが大きくないRAMでうまく動作できる。iPhone7がメモリカード対応できないが、128GBのiPhone7は32GBのXperia XZよりもやすい。でも128GB以上のメモリが必要な人にとってXperia XZのほうがやすい。これでXperia XZ iPhone7どっちがいいとニーズ次第である。

バッテリー:Xperia XZ iPhone7比較する必要が全然ない

バッテリーはいつもiPhoneのデメリットである。容量が小さいし、高速充電も対応できない。iPhone7に搭載されるバッテリーは1960mAhで、Xperia XZの2900mAhバッテリーと比べるものではない。しかもXperia XZは高速充電対応でき、今回は充電端子がUSB Type-Cへと変更されて、充電時間はより短くなる。やはりバッテリーと言えばXperia XZとiPhone7と比べなくてもXperia XZの勝つ。

ソフトウェアでXperia XZとiPhone7を比べるとAndroidiOSの戦い

Android搭載なXperia XZとiOS搭載なiPhone7をソフトウェアで比較すると、AndroidiOSの対戦になる。Xperia XZはAndroid6.0で、Android7.0にアップできる機種リストに乗られていなさそうである。iPhone7はiOS10で、今iOS10.0.3にアップすることができ、iPhone7に対して向上されるところが多くあるみたいのである。ではXperia XZ vs iPhone 7にAndroidiOSか、自分にとってより良いものはどっちか。次の記事でAndroidiOSを比較してあげよう。

あわせて読みたい

【Android vs iOS】新機はiOSとAndroidどっち?iOS Android違いを面々に紹介>>

Xperia XZ iPhone7どっちでも不具合?ユーザーからの評価

Xperia XZ iPhone7比較するとメリットだけではなく不具合も比較しなければならない。スマホのメリットで生活はもっと多彩便利になるが、不具合がでったらどのように多彩便利になっても無駄。

Xperia XZは不具合と言えば「落ちやすい」ようなデザイン的な文句が多くある。それに、普通に利用することはともかく、4Kビデオを撮ると発熱がすごい。また、最新のAndroid7.0にアップすることができないこともすこし気になるのかも知れない。

iPhone7不具合と言えばまずiOS10の順調さ。iOS10がアップグレード一般提供されたばかりにこの問題が非常にきびしいが、今iOS10.0.3になった以上この問題がなくなる。そしてバッテリー駆動時間が短い。毎日充電しなければならない。しかもこの前の機種のように、しばらく使うと一日に充電2回しなければならないことになる可能性が高い。

【初心者向け】iPhone 7 Mac 音楽 転送し合い方法複数ご紹介!簡単で高速!

iPhone7 音楽バックアップしたりバックアップを取り戻したりするには?

iPhone7にある音楽をMac PCにバックアップしたい?あるいはMacからiPhone7音楽転送したい?この時にはiPhone 7 Mac 音楽 転送方法がほしい。また、Macに保存される音楽が紛失されたり、新しいMac PCに音楽を保存したりする時も、音楽を一つ一つダウンロードするより直接にiPhone7からMac 音楽をコピーするほうがずっと便利である。でも目的にせよiPhone7音楽同期方法が必要であるが、初心者にとってMacからiPhone7音楽転送することもMacパソコンにiPhone7 音楽バックアップすることも方法が難しい。ではこれからiPhone 7 Mac 音楽 転送方法を三つの種類に分けて複数ご紹介してあげよう。自分に最適なiPhone7音楽同期方法を選んでください。

iPhone 7 Mac 音楽 転送する方法その一:iPhone7音楽同期ソフトを利用する

iPhone7からMac 音楽をコピーすることも、MacからiPhone7音楽転送することも、とりあえずiPhone7とMac PCの間に同期するのは一番簡単なのはMac用iPhone7音楽同期ソフトを利用することであろう!初心者向けのソフトを利用すれば誰でも気楽に操作できる。iPhone 7 Mac 音楽 転送ソフトの中に一番オススメのはMacX MediaTransである。初心者でも簡単にわかる操作に経験者が自由に設定する機能、それに世界一の転送速度。ではこれからこのiPhone7音楽同期ソフトでiPhone7 音楽バックアップする方法とMacからiPhone7音楽転送する方法をご紹介してあげよう。

iPhone7音楽同期ソフトでiPhone 7 Mac 音楽 転送し合う方法

まずはMacx MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、iPhone7をMacパソコンに連携してください。

ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。

標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。

あわせて読みたい

iPhone7 Mac 動画を転送できる方法>>

iPhone7 Mac 写真/画像を転送できる方法>>

iPhone7からMac 音楽をコピーする場合に:

ステップ2:音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhone7で保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。

MacからiPhone7音楽転送する場合に:

ステップ2「音楽追加」というボタンをクリックして、音楽ファイルを選択する。

追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPhone7に同期しない。

ステップ3:音楽を確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加される音楽をiPhone7に転送し始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhone7から再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

iPhone 7 Mac 音楽 転送する方法その二:バックアップツールを利用する

アップルがiOSバイスとMacパソコンに保存されるファイルをバックアップするツールがいくつ開発される。その中にはiTunesiCloudiPhone 7 Mac 音楽 転送するに利用することができる。iPhone7もMac PCもiTunesiCloudにファイルをアップすることができ、またダウンロードすることもできる。MacからiPhone7音楽転送するにはMacで音楽ファイルをアップして、iPhone7でダウンロードする。iPhone7からMac 音楽を転送するにはiPhone7で音楽ファイルをアップして、Macパソコンでダウンロードすればいい。この方法でiPhone7音楽同期が実現できる。が、どうすればiPhone7 音楽バックアップしたいファイルあるいはダウンロードしたいファイルを探すかと、初心者にとってはちょっと難しいことかも知れない。

iPhone 7 Mac 音楽 転送する方法その三:iPhone7ファイル転送ツールを利用する

iPhone7にはアップルデバイスの間にファイル転送できるAirDrop機能が搭載されている。同じWifiに接続するアップルデバイスの間にファイルを直接に転送することができ、もちろん音楽ファイルも転送できる。この方法ならiPhone 7 Mac 音楽 転送することもできるし、iPhone同士にファイル転送することもできる。バックアップツールと同じく、速度はWifi次第であるが、MacからiPhone7音楽転送することもiPhone7からMac 音楽をコピーすることも直接にするので、速度はiTunesiCloudを利用するよりはやいと予想できる。

iPhone 7 Mac 音楽 転送する方法対決!自分に一番対応なのはどっち?

操作

簡単さ
Mac iPhone7音楽同期ソフト:

iPhone7バックアップツール:

iPhone7ファイル転送ツール:

操作が一番簡単なのはiPhone7音楽同期ソフトのほうである。あらゆる音楽ファイルを直接に示して、Mac PCでクリックするだけでiPhone 7 Mac 音楽 転送が完成できる。その次はAirDropで、ファイルを示してくれないが、同じWifiに接続されるデバイスの間に転送することができる。iTunesiCloudのほうはらアップロードとダウンロードがしなければMacからiPhone7音楽転送ができなくて、確かにファイル探すのはめんどい。

自由さ
Mac iPhone7音楽同期ソフト:

iPhone7バックアップツール:

iPhone7ファイル転送ツール:

操作が一番自由なのはiTunesのほうで、MacからiPhone7音楽転送して、着メロになるM4Vファイルも作成できる。その次はMacX MediaTransで、着メロが作成できないが動画、写真、そしてほかのファイルを転送することができる。iPhone7音楽同期する時にプレーリストなども作成したり編集したりすることができ、音楽の情報も編集できる。AirDropのほうならiPhone7とMac PCの間に転送することもでき、iPhone7同士に転送することもできる。iCloudでiPhone7 音楽バックアップすれば編集もなにか作成するもできずに、ファイルサイズに制限もある。

速度

Mac iPhone7音楽同期ソフト:

iPhone7バックアップツール:

iPhone7ファイル転送ツール:

MacX MediaTransが速度世界一のiPhone 7 Mac 音楽 転送ツールであり、USBケーブルで転送するのもWifiよりはやくて頼りできる。AirDropでiPhone7からMac 音楽を転送すると、Wifi環境がいい時には速度がだいたい満足できる。が、iTunesiCloudのほうならアップロードとダウンロード両方するので、二回転送すると同じである。iPhone7音楽同期にかかる時間はAirDropより二倍ほどなるかも知れない。

価格

Mac iPhone7音楽同期ソフト:

iPhone7バックアップツール:

iPhone7ファイル転送ツール:

iTunesAirDropは無料であり、iCloudは限定無料である。5GB以内は無料で、それ以上に50GBは月額130円で、200GBは400円で、1TBは1300円かかる。MacX MediaTransは有料ソフトであり、無料試用が提供している。このソフトを購入すれば最安の一年間ライセンスは3980円で、今割引中で2980円だけかかる。生涯無料ライセンスなら2台までは5980円で、6台までは12280円である。今割引中で、3680円、あるいは6780円だけがかかる。一回だけ払ったら生涯アップグレード無料であるので、長く思えばこっちがやすい。自分が今回だけiPhone 7 Mac 音楽 転送するか、これから時々にiPhone7音楽同期するかと考えて、自分の場合にやすいほうが選んでください。

iTunes iPhone同期 できないソリューション、認識しないなどすべて解決!

iTunesは新バージョンーがあり、iPhoneiOSもアップグレードされた。それからiTunes iPhone同期 できない問題がよくある。iPhoneがパソコンに連携したが認識できないとか、無事にiPhone パソコン 同期したと見えるがバックアップファイルが見つからないとか、iTunes 同期できない原因はそれぞれあり、場合によって複数の原因もある。アイ チューン 同期する前に原因をすべて解明して解決しなければ依然としてiPhone7同期できない。

iTunes iPhone同期 できないようになる不具合一覧

iPhoneの設定でiTunesによるiTunes 同期できない

一般的にはiTunesに関するiPhone設定は間違いことがないが、自分で設定を変更したらアイ チューン 同期できなくなる可能性がある。このパソコンに信頼していないなど、いろいろな原因がある。特にその中にiTunesに関係ないようなiCloudミュージックライブラリをオンにしたら音楽がiPhone パソコン 同期できなくなることがよくある。設定したところが忘れて、関係ないようなところも気づかないので、設定のせいならiPhoneを復元するほうがいい。

iTunesの設定でアイ チューン 同期できない、あるいは知らずに移行する

iTunesに「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」や「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを入れると、iTunes iPhone同期 できないことがある。また知らずに自動的にiPhone 音楽 同期してしまい、保存先もわからない場合もある。この時には「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」と「音楽とビデオを手動で管理」にチェックを外したらiTunes 同期されないことがない。

USBケーブルが壊れる、あるいは対応できない

iPhoneをパソコンに連携してもiTunesが自動に開くこともなく、iTunesを開けるとそのiPhoneを認識しない。この場合にはUSBケーブルの問題かも知れない。古いケーブルや、非対応ケーブルや、また新しいけど高温などで壊れるケーブルを利用したらiPhoneがパソコンに連携できないのでiTunes 同期できない問題がある。ほかのiPhoneUSBケーブル、あるいはほかのパソコンで試してください。

iPhone機種とiTunesバージョン対応できない

古いバージョンのiTunesで新しいiPhone パソコン 同期することが失敗したという報告がある。特にiOS10が搭載しているiPhoneが、iTunes最新バージョンでないと対応できない。また、古い機種のiPhoneが最新バージョンのiTunesに認識されないこともよくある。今でもiPhone5を利用している人はiTunesをアップしないほうがオススメする。アップしたiTunes iPhone同期 できないようになったらどこかから古いバージョンをダウンロードしたり、ほかのiPhone パソコン 同期ソフトを利用したりすればいい。

iPhoneスペース不足

iPhone iTunes同期できないと、iPhoneのスペースの問題かもしれない。特にiPhoneにデータを転送する場合に、ファイルを保存するスペースがないともちろん失敗する。また、iPhoneからデータを転送する時にiPhoneのスペースが足りないので失敗することもありそうである。iTunes iPhone同期 できない問題があると一応、iPhoneのメモリスペースを確認してください。

アイ チューン 同期ができなくなると原因が多くて、それぞれの解決法も違い。複数の原因があるかも知れないので、一つを解決しても正常にiPhone パソコン 同期しない場合もある。しかもその中には解決できない問題もある。初心者にとって、原因を解明して、解決すること、特にiTunes iPhone同期 できない原因が複数ある時にはとてもやっかいなことである。ではiTunes 同期されないともっと簡単なソフトを利用すればどう?iPhone iTunes同期できないとほかに同期できるソフトを利用すれば、原因を解明して解決するよりずっと簡単であろう。

iTunes 同期できない解決法:一番なのはMacX MediaTrans

アイ チューン 同期ができない問題を解決できないなら、めんどいiTunesを諦めて、MacX MediaTransiPhone パソコン 同期しよう!古い機種にしても、最新なiPhone7とMacバージョンにしても、iPhoneMacである限りに順調に動作でき、iTunes iPhone同期 できない問題があってもちゃんど転送できる。しかもこのソフトなら、アイ チューン 同期よりずっとはやく転送でき、iPhoneに保存される音楽、動画、及び写真をすべて同期しても何分間に完成できる。動画変換など素晴らしい機能も内蔵しているので、使ったらどこかにサプライズがある。

iPhone パソコン 同期できる方法詳しくご紹介

まずはMacx MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

MacパソコンにiTunes 同期されないiPhoneを連携してください。このiPhoneがはじめてこのパソコンに差し込む場合に、「このコンピューターを信頼する」と選択すると求められる。そして、指示の通りにiTunesを設定して、「了解」と書かれたボタンをクリックして、ソフトの機能選択界面に進む。

ステップ1:転送ファイルによって機能を選択する。

標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。

これからiPhoneから音楽を同期する方法を例にして、Macx MediaTransの使い方をご紹介してあげよう。

あわせて読みたい

音楽ではなく、動画あるいは画像/写真をiPhone パソコン 同期したいお方にこちらで詳しい方法を説明してあげる。

iPhoneに保存される動画を同期する方法>>
iPhoneに保存される写真/画像を同期する方法>>

音楽を転送するボタンをクリックしたらこのように見える。

ステップ2:iPhone パソコン 同期したい音楽を選択する。

音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:選択される音楽をパソコンに転送する。

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

【簡単】iPodからiTunesに曲をコピーできる初心者向け方法ご紹介!

iPod Touchが確かにiOSの機能は大体利用できるが、でもiPodと言ったらやはり一番なのは音楽である。iPodからiTunesに曲をコピーしたりiTunesの曲をiPodにコピーしたりして、今大好きな音楽を身の元に持って、どこでもすぐ楽しめる。が、iPodに保存される曲は多過ぎるためメモリ領域は足りなかったり、急に紛失したりして、iPodからiTunesに音楽を入れてバックアップすることは、iPodを持っている人が誰でも必ずすることになる。iPodからiTunesへ音楽をバックアップしたら、今すぐ聴かない曲を消去して空きメモリを大きくすることが安心にでき、いつか急に紛失したらという心配もなくなる。

iPodからiTunesに曲をコピーできる方法

まずはiTunesをダウンロードして、インストールしてください。起動して、iPodMac パソコンに連携してください。最新バージョンでない場合にまず最新バージョンにアップしてください。

ステップ1iPodをパソコンに連携したらiTunes界面の左上にスマホのアイコンが書いているボタンがある。そのボタンをクリックしたら音楽といったiPod iTunes 転送できるライブラリリストがある。

ステップ2:左にあるライブラリリストの中に「ミュージック」をクリックして選択する。

ステップ3:「音楽を同期」のしたにいくつの設定があり、設定ができたら右下にある「適用」と書かれたボタンをクリックして、iPodからiTunesに音楽を入れる。

iTunes 音楽同期よりも簡単なツール:iPod iTunes 転送よりも自由で高速

iPodからiTunesに曲をコピーすることがとても簡単に見えるが、実に操作したら問題が多くある。「ミュージック」というカテゴリがなくなったり、iPodからiTunesに音楽を入れてもバックアップファイルが利用出来なかったりして、とても不便である。特に曲が多くなると、iPodからiTunesへ転送することは時間がずいぶんかかる。でもMacX MediaTransがあればすべてが違い。iPodからiTunesに曲をコピーする時に順調で、おかしい問題が起こったりはしない。操作も簡単で、見ればすぐわかる。初心者でもiPodからiTunesに音楽を入れることがすぐできる。また、iPod iTunes 転送より、このソフトで転送したい曲だけを転送でき、曲の情報なども簡単に編集できる。しかもiTunes 音楽同期より何倍のスピードで転送できる。

iPodからiTunesに音楽を入れるより便利なiPod音楽バックアップ方法ご紹介

まずはMacx MediaTransをダウンロードしてインストールする。起動して、iPodMacパソコンに連携してください。最新バージョンでない場合に、最新バージョンにアップしてください。

ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。

標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。

あわせて読みたい

iTunes 音楽同期できなくなる原因とそのソリューション>>

ステップ2:iPod iTunes 転送したい曲を選択する

音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:選択される音楽を転送する

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPodで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。出力は普通な音楽ファイルであるので、iTunesで簡単に開ける。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPodから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

【新バージョン】iFunBox iOS 10対応できない対応策!初心者向けで簡単!

iOS10バックアップ iFunBoxというフリーなiPhoneデータ転送ソフトで試したら不具合が多くて、iFunBox 認識しない時もある。また、Post Error messageとDisplay Error messageでiFunBoxアプリが正常に動作できないこともよくある。特にiFunBox iOS 10対応できなさそうで、iOS10にアップしたiPhone6とiPhone6s、またiOS10搭載なiPhone7 iFunBox失敗してしまう。ではiFunBox iOS 10からデータを転送したいならどうすればいいか。まずデータ転送する方法に問題があるかないかと確認しよう。

iFunBoxアプリの使い方:まず手順を確認しよう

まずはiFunBoxをダウンロードして、インストールする。iFunbox最新バージョンをインストールすると確認してください。また、インストールする時に言語を日本語に選択することができる。

ステップ1:トピックを選択する。

iFunBox 最新版を開けて、iPhoneをパソコンに連携する。そうしたらご覧のようになる。標記されるところにトピックを選択する。写真ならカメラで、また「RAW ファイルシステム」ですべてのファイルを選択できる。

ステップ2:ファイルを選択する。

標記されるところでMacパソコンにiPhoneファイル 転送したいファイルを見つけて、選択する。同じフォルダにある複数のファイルを選択することができ、右クリックしてすべてを選択することもできる。違うフォルダにあるファイルを転送する場合に別々に転送する。

ステップ3:Macへコピーする。

標記されるボタンをクリックして、選択したファイルをiFunboxバックアップする。

あわせて読みたい

iFunboxを初めて使う初心者向け、iFunbox使い方・完全攻略>>

iFunBox iOS 10に対応できない対応策:MacX MediaTrans

実はiFunBoxはフリーソフトなので、リリースされていない。ゆえに最新バージョンiOS10バックアップ iFunBoxは今対応できないままである。また、フリーソフトなので、いつリリースか、iFunBox iOS 10対応できる前にどれほど待つかと、はっきり言えない。特にiFunBoxは何年前も開発終了されて、iFunBox Mac最新システムに対応するわけがない。公式サイトにもほかのMac用iFunBox代わりソフトを利用してくださいと書いている。ならば、iPhone7 iFunBoxでなくてほかのiPhoneデータ転送ソフトを利用すればどう?今iFunBoxアプリがiOS10対応できないとできるMacX MediaTransというソフトを利用しよう。最新なmacOSも対応でき、iOS10も対応できる。iFunBox iOS 10搭載なiPhoneが対応できないにたいし、MacX MediaTransが完壁に対応、またiOS10搭載されるiPadiPodも対応できる。また、MacX MediaTransがもっと頼りできるので、iFunBox 起動しないや認識しないなどの問題がなくなる。ではこれからこのiFunBox 代替ソフトを利用してiOS10データ転送する方法をご紹介してあげよう。

iPhone7 iFunBoxでなくMacX MediaTransでデータ転送する方法

まずはMacx MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

MacパソコンにiFunBox 認識しないiPhoneを連携してください。このiPhoneがはじめてこのパソコンに差し込む場合に、「このコンピューターを信頼する」と選択すると求められる。そして、指示の通りにiTunesを設定して、「了解」と書かれたボタンをクリックして、ソフトの機能選択界面に進む。

ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。

標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。

これからiPhoneから音楽を転送する方法を例にして、Macx MediaTransの使い方をご紹介してあげよう。

あわせて読みたい

このiFunBox 代わりソフトでiOS 10から写真や動画などを転送する方法もほぼ同じであり、もっと詳しい知りたいとこの二つの記事を読んでください。

iPhoneファイル 転送できる方法ご紹介:写真編

iPhoneファイル 転送できる方法ご紹介:動画

ステップ2:転送したい音楽を選択する。

iOS10バックアップ iFunBoxで転送したい音楽の前にチェックをいれて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてあらゆる音楽を選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:iOS10から動画を転送し始める。

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMacに転送し始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

【転載】iOS10データ転送ソフト「MacX MediaTrans」を使ってみた!PCへiPhone7データ転送速度は業界1位

元リンク:http://corriente.top/macxmediatransreview/

mediatrans

iOS端末とMacとの同期をするとき、あなたはどのソフトをお使いだろうか。僕は基本的にAppleが提供しているデフォルトのソフト「iTunes」を使うことにしているが、「iTunesではできない操作」というのがとても多いと感じている。

例えば、音楽データを入れるにはiTunesを利用しないといけないし、iOS端末からiTunesに音楽を送ることはできないなど制約が多い。もしMacやPCのデータが吹っ飛んだら、同時にiOS内の音楽データも無くなってしまうことになる。

こういった事態に対処するためには、iTunes以外のサードパーティ製データ転送ソフトを1個や2個は持っておきたいもの。

以前にもデータ転送ソフトのレビューをさせていただいたが、この業界には他にも多くのデータ転送ソフトが存在する。今回はDigiarty Software社からiOSデータ転送ソフト「MacX MediaTrans」をサンプル提供していただき、非常に便利に使うことができたのでレビューとして紹介させていただく!

iPhone7といったiOSバイスに保存されるデータ転送速度は業界随一

MacX MediaTrans」は、MaciPhoneiPadなどのデータを管理できるソフトで、iTunesのような制約もなく音楽、動画、写真データなどのメディアファイルのやり取りができる。PCなどに入っているデータをiTunesを経由せずに同期できるという優れものだ。

mediatrans_6

使ってみて個人的に便利だと思ったのは、動画や音楽データの転送速度が速いということ。この手のソフトは、どんなデータでも取扱いができるという謳い文句で販売されていることが多いが、実際に使ってみるとデータの転送はできても、速度が遅いことが多い。

データ容量が大きいと、それだけデータ転送時間も必要になり、10GBぐらいの転送となると約半日がかりの作業になってしまうので、iPhoneなどが半日ほど使い物にならなくなることも。だが、「MacX MediaTrans」であればもっと早く作業を完了させることができる。

実際に使ってみると作業開始と同時に、みるみるうちにデータが吸い込まれていく。今までは15分ほどかかっていた作業も同ソフトであれば半分ぐらいの時間で完了してしまった。

mediatrans_71

同ソフトを開発するDigiarty Software社によると、データ転送速度は他社に比べてかなり優秀な性能を持っているようだ。音楽を20曲エクスポートするのにも6秒程度、写真が100枚あっても40秒程度で作業が完了する。表では他社製の製品が比較として記載されているが、どのソフトよりも早くデータ転送できるのがお分かりいただけるだろうか。

また、MacからiPhone」、「iPhoneからMac」への双方向へのデータ転送が可能で、もしMac内のデータがクラッシュしたとしてもiPhoneからメディアファイルだけは復活させることができるなど、万が一の時にも役立つはずだ。

使い方は非常に簡単。ソフトをインストールし、デバイスをMac/PCに差し込むだけ

同ソフトの使い方はかなり簡単。同ソフトをインストールしたのちに、ソフトウェアを立ち上げる。ソフト立ち上げ後、iPhone7などのiOS端末を差し込む。そうすると、すぐに端末が読み込まれるので、あとはデータ転送をするだけだ。

mediatrans_2

例えば、iPhone7からMacへ音楽データ転送をする場合は「エクスポート」ボタンを押し、その逆は「音楽追加」ボタンを押すことで可能。同期したデータはiTunesからでも管理できるので、手っ取り早く音楽を入れたいときは同機能を使ってみるといいだろう。

mediatrans_9

転送先は、初期設定状態であれば自身のMac内「/Users/xxxx/Documents/MediaTrans」に転送されるが、同ソフトの「設定」画面で管理フォルダを指定することもできる。

ただ、注意して欲しいのが同ソフトはデータ転送・管理ソフトだが、全てのデータが管理できるわけではない。このソフトができることは、基本的にはメディアファイルの転送のみで、音楽と動画、写真、Word、Excel、PDF、dmg、appデータのみだ。その他のデータ(例えば連絡先データやメッセージの履歴など)に関しては同ソフトでは取扱いができない。

ただ、MacX MediaTrans」の開発チームの方によると、今後は上記以外のデータの転送にも対応する予定とのこと。現状のバージョンは対応していないが、将来的には対応していくようなので、そこは安心してもらっていいだろう。

mediatrans_10

同ソフトは30日間の無料体験版を利用することが可能だ。そのため、同ソフトを使ってみたいと思った方は、必ず無料体験版を試してみてから製品版は購入するようにしよう。無料版のダウンロードは公式サイトからどうぞ。

動作環境はOS X 10.7以降のMacであれば利用が可能で、今秋にリリースされる予定の「macOS Sierra」でも使うことができる。

また、同ソフトはWindows版も用意されている。Windows版については当記事では紹介しないが、ほとんど使い方についてはMac版と変わらない。Windows版の動作環境はWindows 10/8.1/8/7/Vistaであれば利用が可能だ。

mediatrans_1

インストールの仕方は、まずこちらから無料体験版をダウンロードし、ソフトを「Aplication」フォルダに入れるだけ。ソフトを起動すると、以下のような注意喚起が出てくるのだが、同ソフトはiTunesと連携して動作するタイプのものなので、デバイスのデータが勝手に消えないようにiTunes側の設定をしてやる必要がある。

mediatrans_3

設定は、「iTunes」を開いたら「環境設定」から「デバイス」タブを選択。その中の「iPodiPhone及びiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」を押そう。これでインストールは完了で、あとは音楽や動画など転送したいものを選択するだけだ。

mediatrans_5

実際に同ソフトを使ってみて感じたのは、他社製品にはない「速さ」がこのソフトにあるということ。どの作業をさせても基本的に動作が早く、不具合も見つからず、極めて安定したソフトだと言える。扱えるファイルの種類は決して多いとは言えないが、それでもメディアの転送を目的としているなら非常に優れたソフトだと思う。

現状のiTunesによる転送に不満を感じているなら同ソフトを使ってみてはいかがだろうか。もし無料体験版で気に入ったら、製品版を使うことを検討しよう。同ソフトの製品版は永久ライセンスつき製品が現在3,680円で提供されていて、Mac2台まで使用できる。

また、そのほかにも1年間ライセンス製品(2,980円)や、Mac6台分で使える家庭ライセンス(6,780円)も用意されているので、自身の気にいった製品を購入するようにしよう。

まずはお試し版から。無料版のダウンロードは公式サイト(Mac版Windows版)からどうぞ。